« 西永福 0614 | トップページ | フルート »

西永福 0705 先生と生徒

しばらくブログをお休みしていました。
今日、西永福クラスで『最近、ブログ書いてませんねぇ!』と言われて
ちょっと顔が赤くなりました。(笑)

また、今日から宜しく御願い致します。

『教える』ということは、本当に奥が深いことです。

自分の奥底にある動機が何であるのか…エゴからでは無いのか…
相手の成長を祈る気持ちがそこにあるのか…
本当に、いつもいつも自分が試されます。

私は自分の立ち位置を迷うといつも、瞑想の先生の事を思い出します。
自分が生徒になって直接先生から学んでいた時を思い出します。

先生は、いつもいつも 私に優しい訳ではありませんでした。
たくさんの人の前で叱られたことも何回もありました。

けれど、どんなに先生から涙を流すほど厳しく叱られても、
後に残る思いは『私は先生から大切にされている…』という気持ちでした。

先生が私の成長を願っている…という気持ちが真っ直ぐに伝わること、
私にとって、それだけで十分でした。

何故、ヨガを教えているのか…考えてみたのですが、
一人ひとりが自分自身の可能性に気付き、成長していく姿を見ると
私自身が元気になること、励まされることかなぁ!

それから、
ヨガの後で緊張が緩んで、その人が地のままでいる姿も大好きです。
参加者の方が『眠いです!』と言ってくれるのは、本当に嬉しいです。(笑)

今日の1枚。
070706_002 庭に置いてあるサボテン…
5年くらい前に、友人からもらいました。

途中に段々がついて2段に見えますけど、
上の半分は今の家に引っ越してから1年で伸びた分。

下の4年間と上の1年間で同じくらいの成長を遂げました。
自分にあった場所にいると、たったの1年で4年分も成長するんですね!
考えると、意味が深いですねぇ~!

小さいピンク色のつぼみもついているので、ちょっと楽しみです。

|

« 西永福 0614 | トップページ | フルート »

ヨガクラス 西永福」カテゴリの記事

コメント

早速リクエストに答えて頂き、嬉しいです!!
毎回のクラスの後には、なにかしらの気づきがあってほんとに面白いです。

ヨガを始めて、自分がいかに肩に力を入れて生きてきたかを実感しています。
文字通り、「肩」に力を入れて全ての動作を行っていたんですね。

前回のヨガのポーズで、肩以外の部分で体を支える感覚を感じられて、
家に帰ると、肩に力が入らなくなっていました。
でも、今まで肩に力を入れて行動していたので、
肩の力が抜けると、何もできないような、動けないような・・・。
不思議な感覚でした。

そういえば、「かたがき」って言うのも「かた」ですよね。
「かた」って表面的な部分なんでしょうか?

「かた」ではなく、「じく」を支えに生きて行きたい!!
これからの課題です。

投稿: りえ | 2007年7月 7日 (土) 22時10分

りえさんへ

コメント有難うございます!

アドムカシュヴァーナのポーズで、
突然りえさんの肩がゆるんで肩の力の方向が変わりましたね。
そして、帰るときには胸が開き身体がひとまわり大きくなったようでした。

内側の感覚を大切にしてヨガをしていると、りえさんのように
時々ギフトをもらえることが、あります。

身体を通しての自分との新しい出会い!…でしょうか?

コメントを読んで、本当にうれしく思いました!

それにしても、前回はクラスの間中、ずっと笑っていたような
そんな気がしました。
楽しかったですね!

投稿: PAVI | 2007年7月 8日 (日) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西永福 0705 先生と生徒:

« 西永福 0614 | トップページ | フルート »