« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

愛と希望と勇気の日

TVを見ていたら、
1月14日は【愛と希望と勇気の日】だと言ってました。

南極大陸で、第1次観測隊に置き去りにされた犬のジロとタロが
生きていた事が発見された、その記念日なのだそうです。

とても励まされる良い言葉だと思いました。

この三つが自分の軸にしっかりと存在していて
信じることができたら、本当に素晴らしいなぁ~と思いました。

最近は、ちょっとしたことで涙が出ます。

年をとると、涙もろくなるって本当です。(笑)

嬉しいときも、悲しいときも、ビックリしたときも
頭で考える前に、何かが心にまっすぐ届くような気がします。

若い頃には怖くなかったことが
今の自分にはとても怖く感じる事があったり、
少しも淋しくなかったことが、淋しく感じられたり
年齢を重ねて心が柔らかくなるというのは、
もしかしたら、ちょっと辛いことなのかもしれません。

それでも、感じる心を硬いものにしたくはありません。

心も身体も広がってゆるんでいることで、
この人生を深く味わい、充分に生きることができるような
そんな気持ちがしています。

今日の1枚。

090114 お正月の飾りです。

 明日になれば、もう15日。

 本気で新しい年が始まります。

 水仙は、夫の母が
 近所で買ってきてくれました。

 玄関を通るたびに
 本当に良い匂いです。

 随分、若い頃につけていた
 ディオールのお気に入りの香水
 【ディオリッシモ】に似ています。

 その頃の自分を思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新婚の頃の気持ち(笑)

今日は、一日仕事が無いので、ぼんやりと幸せな気持ちで
朝からず~っと家で過ごしています。

そういえば、結婚したばかりの頃は、ほとんど毎日家にいました。

会社で働く事が辛かった時間や思い出から、解放されて、
今の自分を必要としてくれる人のそばで暮らす事ができる…
ようやく自分の居場所を見つけられたと思いました。

一種のリハビリ状態だったのだと思います。

朝起きたら、夫に朝ごはんを食べさせて、お弁当を作って
夫が出かけたら、夫のお弁当の残りで朝ごはんを食べる。

洗濯と掃除をして、片づけをして、お昼ごはんをボソボソと食べる。

お昼頃に夫から電話があって、残りの時間は静かな一日。

図書館に行って好きな本を好きなだけ読んだり、
近所の公園を散歩したり、一人でヨガを練習したりする
たっぷりとゆっくりと時間が流れる。

3時に、コーヒーをいれて、おやつを食べて休憩。

日が落ちてくると、買い物袋を持って
チラシをチェックした近くのスーパーに出かけて
少しでも安いものを買おうと頑張る気持ち。

今日は、そんな事を思い出していました。
今日はそんな一日でした。

静かに生活できることを感謝して、
何もできない自分にも満足していた頃の気持ちを思い出しました。

長い間、自分の存在証明の為に仕事をしてきたなぁ~と思いました。

自分がただ存在することを、受け入れるために、
随分と時間がかかったなぁ~と思います。

今の私は、仕事をしている自分のことも好きだし、
仕事をしていない自分のことだって、怠け者とは思いません。

今年は、健康に注意して、いつまでも心に残るような
人を笑顔にするような仕事をしようと思います。

新しい年をこんな気持ちで始められることに感謝です。

今日の1枚。

090113   先日散歩していたら、
 きれいな教会がありました。

 ちょっと、神戸の町にあるような
 しゃれた建物でした。

 空がとても青くて
 天辺の十字架が潔くて
 美しいなぁ~と思いました。

 教会を設計するのも
 家を設計するのも
 同じ気持ちなのでしょうか?

 それとも、全然違うのでしょうか?

 こんな事を考える私は変ですか?(笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さいことを大事にする気持ち!

忙しくて、心が窮屈になっていたときに、
自分を大事にすることが面倒になってしまうくらいに
色々なことをどうでもいいやぁ~と思い始めていました。

心が伴わずに《とりあえず》という感じで動くということかな。

爪を切るときに、丁寧に切るのではなくて
とりあえず伸びているところを切る…とか

お風呂に入って、足の指を1本ずつ確かめながら洗わないで
とりあえず、足の指を全体に洗う…とか

いろんなことを、丁寧にしない感じです。

とりあえず…という言葉は、後でもう一度見直せるときには
良いかもしれませんが、《もう一回》を必要としますね。

それに、心が一緒にいませんね。

小さいことでも、その時にしかできないという気持ちでやってみる…

今年になってから、この気持ちで暮らそう…と思いました。

そうすると、ちょっとした小さいことが幸せになるきっかけを
作っているということに気付きます。

大事にする気持ちを思い出します。

お年寄り同士のご夫婦とか、
誰かがそばにいてくれて、お互いを大切にしているのを
見るのは、心が優しくなります。

それは、自分だけを大切にすることとは違うからです。
自分と相手の区別がつかなくなる位、
相手が自分のように大切に思うような気持ちです。

自分を大事に取り扱う為には、とても強い心が必要です。
自分と相手の境を取り払うような気持ちを練習をしなければ…と思います。

今日の1枚。

090103 祖師谷大蔵の駅にある
ウルトラマンの像です。

夫が、
『僕が中に入ってる…って
妹にメールしてごらん!
あなたの妹なら信じるぞ~!』
…なんて失礼な!
それにお腹のサイズが違うかも(笑)

でも、本当に
誰かが中に入っているみたい。

それに、胸を張った
この堂々とした立ち姿!

惚れ惚れしますねぇ~(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年賀状を頂くこと

たぶん私と同じように、忙しく年末を過ごした方から、
年賀状が毎日のように届きました。
(今日も届いているので、嬉しいです♪)

夫に、年賀状はお正月が明けてから書くものなんだよねぇ…と言われ
(彼は、いつでもキッチリと元旦に届くように書く人ですが…!)
そっかぁ~… 来年はそうするかなぁ~…なんて思いました。

私の母は82歳で、脳梗塞を患ったので右手が不自由ですが
毎年、年賀状を書いています。

大学時代の恩師からは、
『80歳になりましたからもう年賀状は出しません』…とありました。

年賀状に対する考え方も、それぞれだと思います。

それから、遠慮して出さなかった方から、
思いがけなく年賀状を頂くと、本当に嬉しくなります。

どんな形でも、誰かが自分のことを思い出してくれて
心を配ってもらえることは、幸せなことですね。

今日の1枚。

091009 家を出て20分くらい歩くと、
広い大きい公園があります。

お天気だったので
一人でそこで行ってみました。

実家の近くの大きい公園と
同じくらいの広さです。

大きい木が風に揺れて
葉っぱがサヤサヤ鳴る音を
無性に聞きたくなります。

心が疲れたら、
大きい木のそばに行って
一人になって休みます。

小さいときから、そんな風に
していたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の花と私

今日、母が月に一度病院に行く日なので、一緒に行ってきました。
母曰く『今年はとても元気な気持ちがする』…のだそうです。

お陰さまで、随分元気になってきて、私も嬉しく思っています。

母の担当の先生は、関西の方ですが
『すごく元気になったねぇ… 良い顔をしとるよ♪』…とのこと。

私はこの先生が大好き! 
私の先生ではありませんが、会うと私まで元気になります。

今日は、母に頼まれて実家の隣にある公園を横切って
買い物に行ってきました。

この公園は小さいのですが、区報に載るくらい桜の花が沢山咲く
ご近所では有名な公園です。

そこで、写真を撮りました。

今日の1枚。

090107 写真が小さくて分かりにくいけど
ちゃんと桜のつぼみが
育っていました。

まだ1月ですけれど、
あの満開の4月に向けて 
準備が始まっていました。

桜の花を待ち望む心。

それは、本当に私を
力づける心です。

3月の末から、
4月になったばかりの頃、
いつでも、心が大きく弾み
新しい自分に向かって
大きく羽ばたく気持ちがします。

今までの人生で、一番美しい桜だと思ったのは、
2004年の春です。

前の年の暮れにリストラされて、全てが空っぽになって、
自分がどん底にいた時に見た桜です。

近くの公園で、毎日毎日散歩しながら
桜の花が咲くのを心待ちしながら生きていました。

桜の花に勇気付けられたり、
桜の花を見ることで心を空っぽにしたり…
本当に自分の底の底の部分と共にいました。

心で花を見るというのか、美しさを感じきるというのか…

それ以来、あんなに美しい桜を見たことがありません。

今年は、どんな気持ちで桜を見るでしょう。

自分の心が桜を本当に受け入れることができるか、
桜の花に感動することができるかどうか…

桜の花をどう受け止めるのか、
私にとって、本気で、真剣に、自分と向き合っているか
どうか…という尺度のような気がしてなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嫌な気持ちがはっきりする時

嫌だなぁ~と思っていて、その理由がはっきりしない時間が
長い間続いていました。

たぶん、4ヶ月くらいです。

それが、夫と話しているうちに、すっきりしました。
理由が分かったとたん、
自分がどうしたいのかが見えてきました。

凄いぞ! 夫!(笑)

私が夫と一緒にいて楽なのは、
嫌なことを説明しなくても、同じに嫌だ…と感じる気持ちを
夫に感じてもらえるからです。

どうして嫌なのか…という理由を説明する事くらい、
難しい事はありませんね。

それなのに、
私が、とにかく嫌なんだよね…とその状況を説明したら、
あっという間に、私の理由を説明してくれました。

そして、夫の理由が私の腑に落ちたとたん、
目の前が明るくなりました。凄~く楽になりました。

そう言えば、
結婚5年目になって、ようやくぶつかり合いが少なくなりました。

これから夫と一緒に年をとっていく時間を大切にしたい…
思っていることが、曲がらずに伝えられるような夫婦でいたい…
心からそう思います。

今日の1枚。

090103

ボケボケの写真ですが、
ご近所で出あった美人猫さん。

携帯カメラを構えているあいだ
ず~っとこのポーズでした。

覗き込むような目が印象的です。

ご近所には猫がたくさんいますが、
なかなか写真に撮らせてもらえない。

この猫さんは、
大サービスですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しいものとの出会い

朝早く散歩から帰ってきた夫が、
『早く早く…出かけるぞぉ!お前に見せたいものがある!』
…というので、顔を洗って出かけました。

線路を渡ってすぐの場所、
夫が『みてごらん!』…と自慢そうに指差す先には…

090103

携帯カメラで撮った写真ですが、実際に見ると
本当に大きくて立派でした。

今まで、この道を歩いていたのに
一度も気付かなかった… ビックリです。

昔は、どこからでも富士山が見えたのでしょうね。

もう1枚。

090103_3

こちらは、トコトコと散歩に行った帰り道。
成城コルティから見えた富士山です。

朝と夕方、富士山に会えて幸せな三が日の終わりでした。

今年が良い年になるように…心から祈りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年の初めに!

昨年は、自分を試されるようなことが一杯でした。

今まで素通りしてきたような気持ちを、
底の底…の部分まで感じきるという体験が何度もありました。

自分のことで精一杯で、お返事しなかった手紙やメールが
積もりました。申し訳ないことをしました。

そう言えば、昨年のお正月は、ノンビリできなかったし、
もう既にこれから起こる1年の幕開け…という感じでした。

それに引き換え、今年は心底ノンビリしています。

特別なことなど全然無いのに、
普通でいられることの感謝と幸せに満ちています。

大事なものを選んで、それ以外は捨てる…という考えに
切り替えることができたから…かもしれません。

いらない物を捨てるのは本当に難しいです。

でも、大事なものを大切にすると考えれば、
いらないものを捨てていくのは、案外簡単なように思います。

明日は3日!
おせちもほとんど食べてしまいました。

夫と一緒に、パソコンのある部屋を大掃除するつもりです。

できるだけ、空っぽの部屋で、
沢山の空間を作る事ができるように、
そんな気持ちで、今年は心と身体も大掃除をしていこうと思います。

そのプロセスをゆっくりと熟考して、ブログに書いていきますね。

今日の1枚。

今日のような気持ちで歩いていた秋の日のスナップ。
私の家の角を曲がってすぐにある銀杏の木です。

空が真っ青で、晴れ晴れとしていて、
誰かと一緒にベンチに座ってノンビリお話できそうな、
そんな風景です。

今年は、こんな気分で過ごしたいなぁ~…と
心から思います。

090102_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

今朝、夫の母と一緒に、お雑煮とおせちを食べました。
(おせちは、義母と私の合作です。)

美味しいお雑煮ができました!

それから、夫とふたりでトコトコ歩いて、
地元の神社に初詣に行きました。

Sn3d0075 この写真から想像すると、
ど田舎のようですが…。

神社の裏側からまわって
パチリと写しました。
のどかでしょう?

神社の隣は、白菜が植えられて
立派な畑です。
ネギも植わっていたかな!?

私の住んでいるところは、
川沿いにちょっと歩くと
いたる所に畑があります。

23区なんですけど…
まだまだ土が残っています。
のどかで良いところです。

私と夫が真面目に新年の祈念をしていると、
後ろのお爺さんが、大声で
『白菜とキャベツが見事だぁ!』…と言うんです。

神社に、沢山の野菜がお供えしてあって、
お爺さんがその野菜に感動してしまったようです!

何を御願いしたのか忘れちゃうくらい、可笑しかったです。
今年は可笑しく生きるんだよ!…って神様に言われたのかも。

あんまり、お天気が良いからこのまま散歩しようか~…と
思ったのですが、夫が『高幡不動に行く!』というので
家に一度戻って高幡不動にも出かけました。

Sn3d0081_2 お参りが終わって、夫が
トコトコ歩いているところです。

高幡不動の中に入るまで
もの凄い人の波でした。

みんな、幸せを祈念して
並んでいたのですが、
私は人ごみに酔ってしまい、
家に帰ってから
ちょっと寝てしまいました。

今年は寝正月という事で
ノンビリ過ごしてます。

年賀状も書けたので、
明日は実家の母に会いに
行ってきます。

どうぞ、皆様にも良いお正月になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »