« 仕事の仕方をもう一度考えてみた その② | トップページ | 梅雨入り »

ハート(心)の話を、ハート(心)で聴いてくれる人。ハート(心)の話を、マインド(頭)で返す人。

本当に話を聞いてもらえると、
相手の人が自分の心にまっすぐに飛び込むような気がしますね。

義母は、とても不思議なコミュニケーションをとる人です。
私が話している言葉の言葉尻を、そのまま一緒に繰り返して言うのです。

そして、私がしている動作も同じように真似をして、
好奇心一杯で、私の話を聴くのです。

私の考えや言葉が義母に乗り移っていくような錯覚がおきます。

そして、私が言うことに対して、あまり考えを言いません。

たぶん、身体と心で話を聞いているのでしょうね。

『お義母さん、どう思いますか?』…と聴くと、
『私は世間を知らないから…』とすぐに言います。

義母の人生物語を聴くと、随分苦労して生きてきたのに
人の悪口を言わないなぁ~…人をうらまないなぁ~…と
思います。

誰に習ったわけでもないのに、ちゃんと人の話を聴くことを
知っているのだと思います。

私は、頭で話を聞いて分かったようなつもりになることが
とても多かったです。今も、そういう傾向があると思います。

そんな自分が、とても損をしていたように思います。

結婚してから、夫に対して自分が考えていたことが、
まるで通じないということにビックリしましたが、
自分の考えが相手に通じなくても、仲良くしていくのには
ちっとも弊害にはならない…と思えたのは良かったなぁ~

子供の心のように、素直で好奇心に満ちて
話ができるようになりたいと思います。

そうそう…昔、瞑想の先生につたない英語で話をしたときに
めちゃくちゃ頭がカラカラして、心がどこかに吹っ飛んでいって…^^;

それでも、先生は私の話を止めずに、じ~っと目を覗き込んで
聞いてくださったことがあります。

そして、最後に " I do not understand you !" と言う一言!

そんな大失敗を重ねながら、生きています。
今考えても恥ずかしい…。自然に顔が赤くなりますね!

今日の1枚。

090613 昨年の8月に図書館で予約して
おととい借りる事ができました。

2000件以上だったと思います。

図書館司書の方に聞いたら、
まだ、1000件近くの方が
待っているそうです。

すごい話ですね!

私は、最初の頃は英語版を読んで
いましたが、今はそんな忍耐力は
ありません。

英語の言い回しや例えも
結構面白いんですけどね…

|

« 仕事の仕方をもう一度考えてみた その② | トップページ | 梅雨入り »

瞑想の先生から教えて頂いたこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハート(心)の話を、ハート(心)で聴いてくれる人。ハート(心)の話を、マインド(頭)で返す人。:

« 仕事の仕方をもう一度考えてみた その② | トップページ | 梅雨入り »