« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

天敵?

私は、とても小さい頃、牛乳が苦手でした。

幼稚園の頃は、ちっとも飲めなくて
でも、母が牛乳を嫌いだったので、叱られずに大きくなりました。

これは体質の性です。冷たい牛乳はお腹を壊します。
牛乳を分解する酵素が足りないのかな?

それから、風邪気味のときに、
ついうっかり牛乳を飲むと、風邪は必ず悪化します。

飲んだあとで、やれやれ…と反省しますが
つい忘れて飲んでしまったりする。

今朝も、シリアルを食べるときに
沢山冷たい牛乳をかけて食べました。

そうしたら、ヨガのクラスが始まる頃に、蕁麻疹がでました。
身体が疲れているときに、そうなります。

ただ、水を沢山飲むと、蕁麻疹はさ~っと引いてしまうので
これも、そんなに深刻なわけではありません。

私にとって、牛乳は、健康のバロメーターかもしれません。
普通の意味とは、反対ですけれども。
元気なときには、少しくらい飲んでも大丈夫です。

身体が苦手なものは、小さいときに好き嫌いをしたものと
同じなので、子供の好き嫌いは、あんまり治さない方が
良いかも…と思っています。

皆さん、子供の頃に食べられなかったものって、
天敵じゃありませんか?

子供の頃に、あんなに努力して食べてきたけど
それって、無駄だったのかなぁ~?

だって、栄養だったら、ちゃんと置き換えられるものが
ありますよね…。

子供って、やっぱり大変です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨガを始める理由は何ですか?

昨日、論理思考のクラスに、ヨガの先生が見学に来ました。
今まで地方で開いていたヨガクラスを、東京に広めるために、
論理思考を勉強したいという方でした。

彼の情熱に満ちた話を聞いているうちに、
瞑想の先生に教えて頂いた大事な事を思い出したので、
忘れないうちに書いておこうと思います。

ヨガのゴールは、幸せになること…平和な気持ちになる事…などと、
ヨガを始める人に対して精神的なものを話すことが多いのですが、
ヨガを始めるきっかけは、身体のことで良いのではないか…という話です。

私がヨガを始めて、一番最初に感動したのは、
長年に渡る便秘が治ったことでした。(笑)

あせらなくなったり、不安な気持ちにならないという気づきよりも先に
肩こりが治ったり、疲れなくなったり、便秘が解消したり…といった
身体の気づきが最初でした。

瞑想の先生が私たちにこんな事を言われました。

『先生は、最初に弟子が望むものを全て与える。
そして、弟子が自分の望むものが手に入って満足したら
次に、先生が弟子に与えたいものを与える。』

以前、書いたことがありますが
先生に、欲しいと願ったものは、先生から頂いてきたと思います。

その時に、頂けなくても、私がそれを大切に扱うことができる時期が
やってきたときに、自然に頂いてきました。

そして、自分から何も望まなくなったときに
先生は、先生が教えたい事、先生が与えたいものを
惜しみなく与えてくださったように思います。

私も、ヨガを教えるときには、そうすれば良いのだ…と
思いました。

もし、生徒さんが肩こりを治したいのなら、肩こりを治す方法を、
精神的に安定したいのなら、安定できるような方法を、
生徒さんが望むことを、考えずに提供しよう。

なんだか、とても良い気持ちになって、
難しいことを考えない自分が気楽になりました。

明日から、また1週間の始まりです。
よい始まりにしましょうね。

今日の1枚。

090830 Toshiさんに、ゴーヤを頂いたので、
お豆腐と少しのお肉と卵で、
夕飯にゴーヤチャンプルを作りました。

この後、
主人の母に、おすそ分けしました。

今回は、ちょっと卵が多くて
トロトロしてしまいましたが、
美味しくできました。

Toshiさん、有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逗子の先生にヨガを習う

私は、インドやアメリカで、ハタ・ヨーガを始めました。

インドでヨガの先生の資格を取って日本に帰ってきたときに、
今の先生と出会って、それ以来、レッスンを受けています。

気づいたのですが、
先生は、日本に帰国して一人目に出会った方です。
そして、今まで他の先生にヨガを習おうと思ったことはありません。

先生は、逗子(葉山)に住んでいるので、
私は、片道約2時間かけて、レッスンに通います。

今年で、もう18年目になりました。
18年の間、仕事や色々なことで、通えないことがありましたが
ずっと、この先生について、レッスンを受けています。

またまた、私の生き方が出ていますね。(笑)

基本的に、私は先生と同じ流派を教えているわけではありませんが
先生のレッスンは、私のハタヨガを教えるコアになっています。

ヨガを教える上で分からないことがあると、
先生に聞いて、アドバイスを受けることが良くあります。

そして、レッスンを受けるということは、
自分のやり方を一度捨てて、先生のやり方をやってみる…という
ことなので、うまく行かない事もありますが、
そんなときに、生徒の気持ちが良くわかります。

先生がいるということは、本当に大事だ…と思います。

自分が学ぶ立場にならないと、人に教えることができない…と
つくづく思います。

今日のクラスは、プラナーヤマ(呼吸法)だったので
胸を開くことを中心に、深い学びがありました。

今日学んだことの中で自分が納得したこと、消化できたことを
早速月曜日のクラスから教えていこうと思います。

クラスの生徒さん…楽しみに待っていてくださいねぇ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫や子供に好かれる。

私の父は、小児科の医者でした。

だんだん興味が胃腸科の方に移ってきて
最後は胃がんを見つける専門医という立場でしたけれど、
どこから見ても、小児科のお医者さんという人でした。

患者さん(子供たち)は、父のことが大好きで、
病気でもないのに、おばあちゃんに連れられて
父に飴をもらいに来る子供がいました。

そして、私の家では、代々猫を飼っていたのですが
猫がお産をすると、親猫は、父のお布団の中に子猫を連れてきて、
父に守ってもらおうとしました。

私の父は、特に子供と猫に人気があったように思います。
(もちろん、猫と子供だけでは無かったですよ!)

実は、その秘密をつきとめようと、
ある時、父を観察したことがあります。(笑)

その共通点は…
『決して自分から近づかないこと』でした。

自分から積極的にアプローチすることはなくて
いつでも、自分のところに来たときだけ、相手をしていました。

だから、嫌われることがなかったのだと思います。

最近、その父の距離感の取りかたを凄いなぁ~と思います。

自分から関係を作るのではなくて、相手に選ばせる感じ。
そんなユルイ感じが、気楽で、自由な生き方なんだと思います。

私自身、たまに、距離のとり方がむずかしい人がいるのですが
そんな感じで、ゆる~く生きていけたら良いのかも…。

イチローだって、打てるときには、力が抜けているみたいですし。

ちょっと父を見習って、ここらへんで、一息つこうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IKEAに行って、リンドグレーンを思い出す。

引き続き、夫の夏休みが続いています。^^;

部屋の家具を充実させようと考えているので、
今日は、IKEA港北店に行ってきました。

家から車で行こうか…と言っていたのですが、
『さっと行って、さっと帰ろう!』ということで、
電車と田園調布から無料シャトルを使いました。

平日というのに、すごい混雑でした。

今の家の家具は私が使っていたものを
そのまま使っているので、部屋にピッタリという感じではありません。

そこで、この際、家具を入れようか…ということで
下見に行った訳です。

夫と私の趣味の違いが分かり、なかなか面白かったです。

私は、昔からスウェーデンの家具や家の感じが好きです。

たぶん、リンドグレーンの『やかまし村の四季』とか
『やかまし村のこどもたち』とか、
『ロッタちゃんのはじめてのおつかい』とかの映画を良く見ていたので
家の中の飾り付けや、家具の感じがインプットされているのだと
思います。

ちょっとした飾りや子供たちの服装が、とてもしゃれていていて、
可愛いのです。

それが、最近はちっとも生かされていない生活を続けています。

実家の母は、行事好きでした。 父も、それを楽しんでいました。

豆まきをして、お雛様をかざり、七夕をかざり、月見団子を食べ…
一年中の行事をちゃんとしていました。

私は、なかなか余裕がなくて、駄目なんですけど、
本当は、リンドグレーンの映画みたいな可愛い生活を
してみたい…と思っています。

思うばかりでは、駄目ですねぇ~…

今日は、往復3時間もかけて、IKEAまで行ったのに、
お店には1時間位しかいなかったのです。

夫と一緒なので、予想していましたけど…

今度は、心を癒すようなものを買いに、
友達とゆっくりとIKEAに行ってみたいなぁ~と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手の2日めです。

昨日の夜は、厳美渓にある旅館に泊まりました。

函館からの修学旅行生が来ていて、私たちの食事は、
なかなか進みませんでした。

食事を運んできてくれた、千葉さんという若い女性と仲良くなって
岩手のお餅について、話がはずみました。

岩手(特に県南)では、一家に一台餅つき器があるそうです。

駅で会った人や、タクシーの運転手さんやちょっと話をした人たちに、
『おうちに、餅つき器がありますか?』と聞いたら、
全員ある…とのこと。

恐るべし、岩手県人!

朝早く、平泉までタクシーで戻って、在来線で盛岡に来ました。

夫が、つなぎ温泉の湖山荘に、私を連れて行きたい…との事でしたが、
あいにく休館日だったので、急遽、小岩井農場に行きました。

お天気の良い岩手山をのぞみ、ここでも、リフレッシュしました。

夫は、ズンズン歩いていってしまい、私はノンビリです。

090826_2 

今日のメインは、わんこそばでした。

090826_3

この突き出ている手は、夫の手。
そして、並んでいるのは私と夫が食べたおわん。

私は、途中でやめましたが、夫は食べ続けて、
沢山食べた証明書をもらいました。

最初は、美味しかったのですが
途中で、味が分からなくなってしまって、
でも、おなかが苦しくなって、おわんの蓋をしめました。

もう、しばらくは、お蕎麦はいいねぇ~…と
二人で話しています。

夜遅くに戻ってきました。

リフレッシュしたので、明日からまた頑張れると思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猊鼻渓に感動する。

夫と二人、岩手の夏休みです。

朝早く、新幹線に乗って、一ノ関まで。

私たちは、新婚旅行から雨にたたられていましたが
最近は、お天気の良い旅行が続いています。

ようやく、二人の仲が調和してきたということでしょうか? ^^;

一ノ関から、バスツアーで、
厳美渓、毛越寺、中尊寺をめぐり、猊鼻渓の川下りをしました。

毛越寺も、中尊寺も、それぞれ見所がありましたが、
中でも、猊鼻渓を船に乗って川下りした事が、素晴らしかったです。

川下りとは言え、実は川を上って下るという1時間半の船旅。

船頭さんが船をこぎながら、良い声で民謡を歌ってくれました。

船を漕ぐ音しか聞こえないような、静かな場所でした。

川の風が涼しくて、突然、突風の吹くような不思議なところがあって、
心の中もシンとしました。

何もしない、何も話さないけれど、夫と一緒に並んで
一緒に旅行に来ていることをとても楽しく思いました。

お奨めの場所です。

今日の1枚。

090825_3  川の水は、透明でした。

 中を覗き込むと、うぐいが沢山泳いで
 いました。

 子供たちが、えさをやっていたので、
 そのえさに釣られて、
 船と一緒に泳いでいたのかも
 しれません。

 自分から動くのではなくて、
 流れのままに、流れにゆだねて
 進んでいくこと。

 こんな気持ちで、日常を過ごせたら、
 どんなに幸せでしょう。

 黙って、そんな事を考えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のラジオ体操。

今朝は、夫と二人で近くの公園で毎日開催されている
【ラジオ体操】に行ってきました。

有志の方が、ラジカセを持ってやってきて
(たぶん、2~3台)
180人くらいの人が集まって、ラジオ体操をします。

日曜日は、200人くらいになるんじゃないかなぁ~!

子供の頃に習ったことは、大人になっても忘れませんから
お年寄りの方も、一緒に運動できる、このラジオ体操は、すごいですね。

私は、小学校の教員免許を持っているのですが、
小学校体育の授業のときに、ラジオ体操を改めて習いました。

大人になってから、新しく、今度は教える立場で習うと、
なかなか奥行きが深いなぁ~と思いました。

そして、今は、ヨガを教えているので
ラジオ体操に対して、また違う視点を持っています。

私自身は、ラジオ体操の構造は上手くできていると思います。
上から目線で申し訳ないのですが… ^^;

ただし、あのメロディのテンポは、かなり速いので
深呼吸をするのは、かなり難しいですね…。

どこに意識を持って身体を動かすのかを知っていれば
本当に身体にとって、為になる動きが沢山あります。

学校で教えられたラジオ体操は、(今はどうなのか知りませんが…)
私の頃には、みんなが一緒に動くことが大切で
何のために、この動きがあるのか…という説明は
一切ありませんでした。

『胸を開く運動~!』…とか、テーマはわかりますが
どこを開くと胸が開くのか…なんて、全然わからずにやってました。

もしかしたら、先生も良く分かっていなかったのかな!?

色々なことを書きましたが…
朝の散歩を兼ねたラジオ体操は、とても良い気持ちでした。

これから、良い季節になるので、時間がうまく合えば
朝のラジオ体操を続けていきたい…と思っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸上400mリレーが大好きです♪

世界陸上の男子100m×4のリレー決勝を、
朝からTVで何度も見ています。

そして、男子が走っている姿を見るたびにジワッと感動しています。

前回のオリンピックで、日本が3位に入ったときにも
同じように、とても感動しました。

そして、幼稚園の先生をしていたときには
子供たちが運動会で走るリレーに、感動していました。

何故、陸上のリレー競技なんだろう?

Toshiさんの論理思考教室のお陰で、考えることが好きになったので、(笑)
『何故私は、陸上リレー競技に繰り返し感動するのか?』…って、
ちょっと考えてみました♪
(そこに私らしさがあるかもしれないので…)

それでは、何故感動するのか?…という理由から。

第1に、個人の役割が決まっているから。
4人のランナーの役割が違っていて、特徴がはっきりしていること。
それぞれの個性が発揮しやすい。
自分に何が求められているか、分かっているのも良い感じです。

第2に、自分の技術を磨くことが大切だから。
自分と向かい合って、それが結果にあらわれます。
自分自身の努力が、結果の根底にあるということにも魅かれます。

第3に、チームプレーだから。
前回のオリンピックで、銅メダルがとれたのは、
何回もバトンの渡し方を練習したからなのだそうですね。
4人の息があっていることが、とても重要です。
勝っても、負けても、気持ちを分かち合える仲間がいること。

どうやら、私の仕事に対する気持ちと似ています。

私は、会社で仕事をするときに、
自分が何をしているのか分からないような部品/歯車の一部に
なることが、とても苦手でした。

上司に、今自分がしている仕事は、
会社全体の仕事のどの部分にあたるのか…という質問をして、
とても嫌がられました。

とにかく、生意気だということでしょうね… ^^;

そして、一人で、結果を出す為に努力する事に
とても大きい意味を置いているようです。

修行する…なんて、大好きですからね。

最近の仕事は、一人でやるよりも
色々な人と組んで、取り組むことの方が多いです。
そして、それがとても楽しいことに気づきました。

もちろん、ヨガを教えることは 一人ではなくて、
生徒さんが目の前にいるので、ちょっと意味は違いますが、
もしも、ヨガを教えるだけの仕事だったら、
物足りないように思うかもしれませんね。

あんまりじっくりと考えていませんが
何となく自分の傾向や本質がわかって、面白いなぁ~!

女子マラソンも、銀メダルがとれて、良かったですね。

実家の母は、マラソンが大好きです。
きっと、今日も見ていたに違いない!

もう少ししたら、スポーツの秋ですね。
気持ちよく汗をかける季節が、待ち遠しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台所のシンクに、洗い桶が必要か?

今日は、明日館で勉強している、月に1度の辰巳先生の片付け講座でした。

今日の課題は、『キッチン』と『捨てる』ということだったのですが、
その中で、ちょっと脱線という形で『洗い桶』の話になりました。

食事が終わったあとで、食器をどうやって洗うのか…という話です。

洗い桶につけておく人と、洗い桶を置かないひと。

シンクの中を、空っぽにしておきたい人は、洗い桶を使わずに
使ったお鍋に食器をつけて置くという意見でした。

食事が終わって、すぐに食器を洗うので、
洗い桶を使わないで済むのだ…という人もいました。

育ってきた環境の違いかもしれませんが、
お鍋をつかって、洗いものをすると、夫が嫌がって、
洗い桶を使いたがる…と言っている人もいました。

こういう話は、面白いですね。

参加者が19人いたうちで、食器洗浄機を使っているのは
なんと...私だけでした。 なんだか、意外でした。

こんな具合に、一人ひとり便利さが違う…。

どうでも良いようなことに、個人の自由さが隠されている。

夫が、お料理を教えて欲しい…と言ってきました。

私の兄は、自炊した経験があるのですが、
実家の母にラーメンとチャーハンの作り方を教えてもらったそうです。

兄に言わせると、
この二つが出来れば、後はどうにか応用がきく…と言ってました。

本当かなぁ~… ^^;

私も、いつの日か、夫に食事を作ってもらえるでしょうか?
実は、期待しているんです。

もし、そうなったら、嬉しいなぁ~…と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心で思うのは自由だということ。

行動に現れなければ、何を思っても自由だ…ということを、感じます。

誰を好きでも、誰を嫌いでも、どんな考え方をしていても
言葉や行動に直接出てこなければ、
心の中で思うのは、それは自由だということ。

感じる事まで、人に制限されるのは、とっても辛いということ。

相手から求められていないのに、
自分の経験から、人に対して意見をいうのは、とても危険なこと。
自分の経験は、自分の学びの中だけで、真実だということ。

自分の考えていることや、思っていることが、うまく行っているとしても、
他人に対して、自分の考えがうまくいくかどうかは、分からないからです。

それは、人をコントロールすることや批判につながるから…。

自戒の意味を込めて、
毎日、注意深く、自分をチェックしようと思います。

人を、自分の考えにあてはめていないか…
自分の思い通りにならない人のことを、責めてしまわないか…

皆が、自分のことを好きになってくれなくても、
自分の価値を低く見積もらないでいられるかどうか…

目の前の人と向かい合わずに
自分の想像の中で、勝手に相手を判断していないかどうか…

インドにいたとき、クリスマスシーズンやお正月には
インド人以外に1000人近く30カ国以上の外国人がいました。

私は、通訳の仕事をしていたので
まわりには、いつも7カ国以上の通訳の仲間がいました。

スペイン・イタリア・中国・スウェーデン・ポルトガル・
ドイツ・フランス…

お互いに、自分の母国語を使わず、
英語でミーティングをして、英語で話をしました。

そのときの、自分の注意深さを、思い出します。

細かい言葉の表現は、うまく伝わらないことがあって
自分と同じ考えではないけれど、
初めからお互いの違いを、丁寧に尊重しました。

けれども、
悲しみを感じる心は同じ。面白い話で笑うときは一緒。

文化が違い、考え方が違い、話し合いでぶつかりあっても
そこだけはちゃんと、みんな一緒につながっていました。

その心の部分は一緒だ…と信じて、
新しい関係を作っていくことができました。

同じ日本語を話す日本人だからこそ
みんなが同じ考え方をするはずだ…という思い込みを持たず、
丁寧に相手とコミュニケーションをとる!

そういうことが必要なんだ…と思います。

幸せを体験するために、生まれたのですから。

心の奥深いところで感じている幸福感を、
誰かの批判で台無しにさせられてはいけないと、強く思います。

自分の身近にいる人たちと良い距離をとりながら、
お互いに気持ちの良い関係を作っていきたい…と考えています。

今、私が一番望んでいることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃カメラの検査を鼻から。

今朝、胃カメラの検査を受けてきました。

発端は、ピロリ菌を除菌するということだったのですが
血液検査の結果、ピロリ菌はゼロでした。

これは、嬉しかったぁ♪
 
今までは、辛い思いをしながら検査をしていましたが、
今日は、個人病院で、鼻から管を通しての撮影でした。

最初に、胃を洗うクスリ(ジュース味)を飲んで、
鼻からトロリとした麻酔をします。

次に、今度は苦いドロッとしたクスリを鼻に注いで、
麻酔が効いているかどうかの確認のため、管を2回通してから、
始まりました。

鼻の中が狭かったようで、ちょっと痛い感じがしましたが
鼻を通れば、あとはとても楽で、先生と話もできます。

画面を見ながら、胃の中の説明をして頂きながら、
昔、10代の頃の十二指腸潰瘍の後を確認しました。
(もう、ほとんど後は残っていなかったようです)

先生は、胃の中を丁寧に見て下さいました。
後から考えれば、かなり恥ずかしいですねぇ~ ^^;

たぶん、良性ですよ…と、言われましたが、
ポリープがあったので、検査のために、チョキンと切って
終わり。

10代の頃の潰瘍の後が、かすかにあっただけで
お陰さまで、どこにも悪いところはありませんでした。

私は、胃カメラ検査をするときには、
可能ならば、画面を見せてもらうようにしています。

今回は、鼻から管をいれたので
初めて自分のリアルな声帯も見ることができました。

ここから、私の声が出てくるのかぁ~…と
声帯の動きが柔らかくて優しい感じがして、
胃の中を見たときよりも、感動しました。(笑)

身体を大切にすると、自分を大切にする気持ちが
とても強く感じられます。

年をとると、身体は若いときよりも無理をして
頑張ってくれている…ということが、とても良くわかります。

手持ちの身体を、命のある限り、なるべく上手に使って
健康でいられたら…と思います。

毎日、暑さが続きますが、どうぞご自愛なさいますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エゴを削って、ツルツルになる!

先日、近くのスーパーで、お芋の皮向きグローブという
オレンジ色の厚手のゴム手袋を売っていました。

表面がザラザラしていて、両手でお芋をこすりながら
水で洗うと、自然に皮が向けるという工夫の手袋です。

洗う側の自分は、痛くないのですよ… 手袋をしているから。

でも、洗われるお芋は痛いだろうなぁ~…なんて
思っていたところでした。(笑)

私のエゴは強くて硬いので、自分くらい強くて硬いエゴを持った人と
出会うと、かなり痛い思いをすることがあります。

でも実際に向かってみたら、本当は自分はお芋で
相手が、強力なゴム手袋だったら、嫌だなぁ~!

夫に話したら、『そういう時は、かまうな!』と言われました。

無理に、自分の皮を剥きに行く必要はないらしいです。

一人で、心地よいことばかりしていては、脱皮は難しいとか、
痛みを伴わないと成長しない…なんていうのは幻想かもしれません。

今までとは違う成長の仕方があっても良いのかもしれませんね!

…そんなことを考えた一日でした。

最近、なんだか、元気になってきました。
私は、3月と9月がベストシーズンなんです♪

元気が出てくるって、嬉しいです!
なんだか、色々なことができそうな気がしています。

明日は、朝一番に胃カメラの検査です。

いつもは、人間ドックで検査してもらうのですが、
近所の先生が鼻から検査してくださるということなので
ついでにピロリ菌もあったら、退治することにしました。

心の浄化は難しいから、まずは胃から浄化することに致しました。(笑)
胃カメラの話は、また明日♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑黄色野菜を間違えて覚えていました。

『緑黄色野菜ってなに?』と夫に聞かれました。

『そんなことも知らないの?トマトとかピーマンとか』…と
偉そうに答えて、朝、夫を会社に送り出しました。

だって、中学校でそういう風に習ったんだもん。

会社に着いたころ、今度は携帯に『緑黄色野菜について教えて!』と
メールが届いたので、この際だから、ちゃんと調べようと思って
ウェブを検索したら、ビックリ!

トマトは、緑黄色野菜の種類ではありませんでした。

『緑黄色野菜とは、100グラム中に600マイクログラムの
ベータカロチンを含む野菜のこと』と、書いてありました。

かぼちゃとか、にんじんとか、紫蘇の葉、とかほうれん草…です。

『緑黄色野菜と淡色野菜の違いは、中に色が付いているかどうか』
…とも書いてありました。

ちなみに、トマトは、カリウムが多く含まれているので
高血圧を下げる働きがあるのと、
リコピンという活性酸素を退治してくれる物質が含まれているそうです。
血液をサラサラにしてくれます。

どちらにしても、身体に良いのは間違いありません。

…というわけで、夏の我が家の食卓にはトマトが沢山並びます。

今晩のおかずは、ラタトゥイユを作りました。
ズッキーニ・なす・玉ねぎ・人参・赤と黄色のパプリカと沢山のトマトを
オリーブオイルで炒めて、少しの塩と胡椒だけ。
水をいれずに蒸し煮しました。

あ~…とっても美味しかったです。

大量に作ったので、残りを野菜カレーに変身させようか…と
思っています。(夫も賛成だそうです♪)

夫が、帰りに半額になった鯖を買ってきたので
鯖の味噌煮も作りますよ♪

身体が喜ぶものを、毎日食べたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔好きだったことを思い出す。

鳩居堂の千代紙人形…
この間、実家の母に頼まれて、便箋と封筒を買いに寄ったときに
昔と同じ場所に同じように額に入って飾られていました。

子供の頃に、銀座に行くと、
鳩居堂で千代紙人形を一度に一つずつ母が買ってくれました。

今でも、木箱に一杯入っています。

こういうものを、ゆっくりと眺める時間が、今の私にありません。

ちょっとした、優しい気持ちになれるようなことを
今は、忘れてしまっているように思います。

もうひとつ…
手紙を書こうと思っています。

B6のクリアファイルに頂いたハガキや、手紙や住所をはさんであります。

来週、旅行に行くので、そのときに宿から出したいと思います。

以前は、旅に行くと、良く手紙をだしたものです。

最近、Eメールや携帯があるので、手紙を書くことが
本当に少なくなりました。

そして、住所を知らない友人が増えました。

昔は、手紙やハガキしか、手段が無かったので、
銀座の伊東屋さんまで、お気に入りの便箋と封筒を
良く買いに出かけたものです。

先日、久しぶりに売り場をのぞいたら、
ちゃんと同じものが並んでいました。

もう30年くらい前から使っているものなのに…です。
良いものは、変らない。好きなものは変らない…と思いました。

時々、昔を思い出すのは良いことだと思います。

今よりも、ゆっくりと時間が流れていた頃のこと…
大切なことを思い出せるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何でも1回目で決める。

私は、就職も結婚も、一人暮らしの部屋も
今まで、全部1回目の出会いで決めてきました。

初めての一人暮らしのときにも、
『風が通って、大きい木が見える部屋』に住みたい…と
思っていたので、不動産屋さんに、それを伝えました。

そして、不動産屋さんが連れていってくれた部屋は、
沢山の窓があって、部屋の中を、すぅ~っと風が通って
入り口にある窓を開けると大きい木が見えたので、
すぐにそこに決めました。

風が通って、大きい木が見えれば、どんなときでも
気持ちを切り替えることができました。
とても幸せな一人暮らしの出発でした。

結婚も、結婚すると決めてから、最初に出会った人と結婚しました。
一緒にご飯を食べて、楽しいかどうか…だけが大切でした。

今でも、夫とお酒を飲んだりご飯を食べるのが、一番気楽で
ノンビリします。そして、けんかも沢山しますが、大体は仲良しです。(笑)
だから、たぶんその判断は、間違っていないように思います。

就職も、中途採用の時には、自分の年齢に合ったところで、
秘書の仕事を探しました。

何枚も履歴書を書きましたが、最初に行った会社から
『採用します』と言われたので、そのまま就職しました。

後で考えれば、前回よりも年収は高くなっていましたが
それは、後からのことで、決めたときには、
自分の基準としては、あまり関係ありませんでした。

その結果、どうだったか…と言えば、
全て必要なことが起きて、必要な体験をした…ということでした。
起こったことは、全てが最良のこと…と、
後になって、いつも納得しました。

あのときの不自由さや辛さがあったから、今の自分がいる…と
いつでも思うことができました。

だから、今でも、決めたら迷わずに進んでしまおう…と思います。

その時に、大事なことがひとつ叶えられれば
そこに飛び込んでいけば良い…そう思うようになりました。

最近は、色々なことが停滞しています。

まだ、決めるまでに、醗酵していない感じ…
充分に、時が満ちていないのです。

考えて、考えて、本当に動きたくなるまでは
その居心地の悪さを感じきる…ということも、大切だと思っています。

力を溜めて、大きくジャンプする。
そして、ジャンプしたら、着地した場所で、始める。

今日は、そんなことを思い出しました。

まだ8月ですけれど、夕方になると、秋の気配がします。

私にとって、秋は、もの想う季節です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度は、太極拳を習うかもしれません!

私の夫が太極拳をやっていることは、
以前からブログに良く書いていますが、
私もず~っとやりたいと思っていました。

ただ、私は何でも習い事をするには
一流の先生に習いたい…というのが基本にあるので
なかなか先生との出会いがありませんでした。

初心者だからこそ、一流の先生に習いたいのです。

そして、先生に望むのは、精神論があること。

太極拳の身振りだけを教えてくれる先生は
きっと沢山いると思いますが、
太極拳の意味/精神を教えてくださる先生を探していました。

以前、家の近くの公園で、一人でもくもくと太極拳を
練習している女性がいました。

その様子を一目見て、この人に習いたいなぁ~…と思いました。

その後、夫と一緒に公園にラジオ体操に行ったときに
また、その方に出会って、惚れ惚れしました。

夫が、教室をやっているかどうか、聞いてみたら…と言うので
今回は、すぐに伺ってみました。

話をしてみると、重慶出身の中国の方で(やっぱり本物だった!)、
ご主人が日本人なのだそうです。

私の住んでいる、二つ先の駅で教室を開いているとのこと。

さっそく、日程を伺い、9月に見学に伺うことにしました。

太極拳は、相手の力を受けてその力で相手のことを
倒すのです…といわれました。

そして、いつでも丹田から力が湧いているように
立っているのだ…とのこと。

私がヨガを教えている…と言ったら、
ヨガにも興味があって、昔習ったことがあるとのこと。
インドにも行ってみたかったそうです。

エネルギーが高い人は、人を巻き込む力や、
人を魅了する力をもっています。

そして、ボディワークの人には、
特に、その力が強く備わっているように思います。

とりあえず、1度行ってきます。
なんだか、はまりそうで、怖いです(笑)

でも、とっても楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教わり上手3か条!

私が瞑想の先生と一緒にいた間に、学んだことを今日は書いてみます。

新しい事を学ぶときに、こんな風に自分が行動できたら良いなぁ~…と
(自分が学び下手なので)いつも考えていることです。

そんなわけで…
【教わり上手3か条】です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1.先生の言われたとおりにやる。

2.自分に対して、先生から特別なメッセージがあったら、
  それを、大切にして、繰り返し想い出す。

3.他人と自分を比較しない。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【先生の言われたとおりにやる】について。

たぶん、これが一番難しいです。

先生と同じように出来ないのは、当たり前なのですが、
でも、とりあえず、言われたとおりにやってみるという事は、
本当に難しいです。

『私は特別(できない理由)…がある』と思っていたり、
『私には、このやり方ではなくて、もっと良い方法があるはず…』とか考えたり、
新しい事を吸収するときには、自分の身を守るために
エゴが邪魔するので、本当に難しいです。

これさえ、できれば、あとは何にもなくても、いいくらいのことです。

【自分に対して、先生から特別なメッセージがあったら、
           それを、大切にして、繰り返し想い出す】について。

先生は、少し理解ができたと思うと、特別のメッセージをくれます。

それは、自分だけのもので、それを他人が盗んでも、うまく行かない。

色々なことを、形を変えて、言葉を変えて言われるけれど、
その本質をつかんでしまえば、それはたぶん同じ事です。

自分を縛るものだったり、自分を頂上へ連れていくものだったり
同じ言葉でも、表裏一体です。

その本質を、おりに触れて思い出すこと。

可笑しい話ですが、
インドにいた時に、私が瞑想の先生にひどく叱られたことがあって、
『凄いきづきだった…私の欠点が分かった…』と
日本にいる母に手紙を書いたら、
母からきた返事の中で、こう書いてありました。

『それは、あなたが小さい頃から、
お母さんが繰り返し、何度も、直したほうが良いですよ…って、
言ってきたことと同じことです!』

つまり、そういうことです(笑)

【他人と自分を比較しない】ことについて。

これも、難しいけれど、大切なことかもしれません。

人と比べている間は、自分のことを、ちゃんと見つめていません。

本当に、自分と向き合うと、人のことはどうでも良くなります。

でも、最初、学び始めの頃には、どうしても、人のことが気になりますね。

以上…

今年は、囲碁や論理思考を新しく始めましたが、
もうひとつ、また新しく始めようか…と思っていることがあります。

良い先生に出会えたら、すぐにでもやりたいことです。

明日、書きますね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに髪を切った!

美容院で髪を切ってもらいました。

会社の仕事を辞めてから、
人との関わり方で服を選んで着たり、
どんな髪が適切なのかを考えたりすることがなくなって
(縛りがなくなって)
自分が分からなくなってしまって、困ったことがありました。

人は、本当に自由になると、自分の身の回りについて、
色々なことを決めるのが難しくなりますね。

日常で履いていた黒いパンプスも、めったに履かなくなり
シャツブラウスやスーツも着ないまま、
それでも捨てることができず、クローゼットにつるしてあります。

それで、
今回どんな髪型にしたのか…というと、簡単に言えば
また昔に戻ったかなぁ~という感じです。

髪を少し伸ばそうと思って、髪は伸びたのですが
美容院に行ったら「、一度切りそろえたほうが良い…と言われて、
バッサリと切ってもらいました。

いざ、切ってしまったら、このままが良い…と思いました。

しばらくは、このままで行きます。(笑)

髪型が決まって、自分のイメージがはっきりしてくれば
前よりも身の回りのことも決められるようになるかもしれないので、
ちょっと楽になるかもしれません。

そうそう…
夫の母が、私の服を作ってくれるそうです。

服…というか、部屋着(Tシャツの上に着るジャンパースカート)です。

今日、布を買いに行ってきます。

子供に戻ったようで、嬉しいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

72時間という区切り

昔、会社で、秘書の仕事を始めた頃、社長からこんな事を言われました。

【人を理解するのには、72時間かかります】

つまり、毎日1時間会うだけの人だと72日。
会社で仕事をするだけだと、8時間として9日。
一緒に旅行に行けば、3日。

どう思われますか? 

私はこの話を聞いたときに、ちょっとビックリしたので
その根拠を聞かなかったのが、今になって悔やまれます(笑)

そんな訳で、新しい人に出会うと、
つい、この72時間を数えてしまう癖があります。

社会心理学では、最初に良い印象を持っていた人よりも、
最初に悪い印象を持っていたけれど、だんだん良い印象になる人の方が
最終的には好意度は高い…と、言われます。

でも、実際のところ、第一印象はあたっていることが多いと思いませんか?

第六感が働くということかな?
本当は、直感みたいな方が信じられるのかな?

でも、第六感は五感が複雑に関係して、根拠をもって生まれてくるような、
そんな気もします。

いったい、いつを基準に人を理解したと思えばいいのか…

他の人からは、その人の悪口を一杯聞くのに、
私に対しては、本当に良い人…だったりすることってありませんか?

こればっかりは、自分の判断やどういう場面で出会ったか…という
そういうことも、大きく関係してくるでしょうし。

だから、72時間で区切るというのは、何か線引きみたいな事かもしれません。

色々な判断をするのに、72時間が適当ということなのかもしれませんね。

私は、新しい人と出会うことが、大好きです。
新しい人との新しい72時間にドキドキしてしまいます。

もちろん、72時間以上の人は古い人で、
ドキドキしないというわけではありませんからね(笑)

そこのところは、ちゃんと言っておかないと、誤解されますね…^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三年寝太郎が目覚めるとき。

ヨーガを生活の糧を得るための仕事にしないで、
ただ幸せや喜びのためだけに、教えるというのは、
どうだろうか…って、最近良く考えます。

今すぐには、まだ無理ですが
将来は、ヨーガとそういう関係を作りたいと思っています。

その為に、今するべきことをする。

長い間、三年寝太郎のように、ぐっすりと寝ていましたが
ようやく目がさめて、色々な場所で物事のバランスが
とれそうな気がしています。

3日・3週間・3ヶ月という言葉がありますが
毎日何かを3ヶ月続けると、そこには継続した力がはずみをつけて
自分を変えるエネルギーになるのではないか…

そう思って始めた毎日のブログ更新は、自分の一部になってきました。
そして、もう少しで3ヶ月です。

ブログを書くことで、自分にエネルギーやパワーをチャージしている…
そんな気もちになります。

やり続けることの力を体験して、自分を育てていきたいと思います。

今は、まだ目がさめて、目をパチパチさせながら
周りを見渡しているような感じなのですが、
まずは、大きくて深い深呼吸と、『あぁ~!』とお腹から声を出して
伸びをすることかなぁ。

もう少し、自分の状態を眺めて、何度も深呼吸をして、
そして、今の自分の身の丈をもう一度眺めて確認してから
ゆっくりと、おもむろに起き上がろうと思います。

今年は、何かを始めるのに最良の年。

自分勝手に、そう決めています。

自分で決めてしまえば、誰にも文句は言わせないぞ!
そのくらいの気迫です(笑)

今日、家の周りで【つくつくほうし】が鳴いていました。

このセミが鳴き始めると、もう秋なのだそうです。

【つくつくほうし】から、途中で【ほうしつくつく】に切り替わるところは
ちょっと聞きほれてしまいます。

もう少ししたら、秋の虫の音に変るのでしょうか。

今日の夕方は、秋の気配がとても濃密でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

囲碁から学ぶこと!

囲碁の話です。

私は、国分寺教室に3ヶ月通って、最後のクラスで
梅沢由香里先生と王唯任先生から18級を頂きました。

まるっきり初めてで、石を囲むこともできなかった自分が
曲がりなりにも19路盤を打てるようになったことは
本当に凄いなぁ~…と思います。

そして、ず~っと考えてきたこと…
何故私がこんなに囲碁が好きなのか…が分かって、
今日は、とてもとても感動しました。

囲碁は、勝負の世界ですから、
負けるよりは勝ったほうがずっと気持ちが良いだろうなぁと思います。

私はあまり勝った経験がないので、想像するだけですけどね。(笑)

前回のクラスが終わったあとで
『囲碁は、勝ち負けじゃないですよ~…』なんて、
(先生以外の)上の級のクラスメートから突然言われて
ちょっと複雑な気持ちになりました。

『あ~っ! 自分は本当は勝ち負けを気にしているんだなぁ』…と
気づかされて、かなり落ち込みました。

私に言った人のことを、どうこう言っているわけじゃないんですよ!

そう思う自分のことを、(人間が小さいなぁ~って思って)
嫌だなぁ~…と思ったわけです。 ^^;

そんなことがあって、
自分がこういう気持ちを持つことがなんだか嫌になってしまって、
もうクラスに通うのもやめようかなぁ~…なんて、
(誰にも言わなかったですけど)
正直な気持ち、しばらくの間、思っていました。

そして、その嫌な気持ちを手放すために瞑想していたときに
『囲碁にどんな風に向かい合ったらよいのか』…という答えが
とても自然に与えられたのです。

それは、こんな具合でした…。

これから、私が囲碁を続けていこうと思ったら
何人もの人と出会って、その人たちと対局するに違いない。

その人たちに勝つか負けるか、を考えていたら
きっとどんなに練習しても、いつでも足りないという気持ちに
なるだろう。

だから、私は自分だけに注目して
自分がいつでも自分らしい囲碁を打てるように…
そのことだけを考えて、囲碁を学んでいこう。

私の弱点や、ほんの少しでも誉めて頂いた長所を良く知って
良いところを伸ばして、弱点を少しずつ克服しよう。

人に勝つまえに、自分の気持ちに勝とう!

…そのことが、はっきりと自分に見えたときに
だから、私は囲碁が好きなんだ…ということもストンと腑に落ちました。

囲碁も、ヨーガも、
私にとって同じような価値をもつもの…なんですねぇ~。

王先生が、初段をとることではなくて
楽しんで続けることが一番大切です…って何度も繰り返して
おっしゃったことも…

まゆこさんが、得意な事を5回やったら、苦手なことを1回やるんですよ…って
言ってくださったことも…

由香里先生が、整地を教えてくださったときに
間違っても、自分でやるのが大切…と言われて、
ほんの一部私が出来た部分を、本当に誉めてくださったことも…

色々な教えを、思い出しながら、なんだか一人で感動していました。

8月から3ヶ月間、こんどは入門ではなくて初級囲碁クラスに通います。

また気持ちがグラグラするかもしれませんが
その時には、今の気持ちを思い出そうと思います。

いくつになっても、新しいことを学ぶことは、本当に素敵です。

そして、今回、良い先生に出会えたことを、心から感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーをインド人みたいに食べる方法!

カレーは、インドに限る!

やはり、その気候風土にそったものが美味しいですね。
お寿司をインドで食べたいって思いませんからね。

私は外国に行っても、日本食が恋しくなるようなタイプではありません。

その土地、その土地の食べ物が美味しいと思います。

とりわけ、インドで食べるカレーは、とても美味しいと思います。

ヨガの道場だったので、勿論菜食でした。
全部野菜カレーでしたが、色々なバリエーションで、
いつもとっても楽しみでした。

私は、インドにいたときは、サリーを着て、床に座り、
インド人のように手でカレーを食べていました。

私が不器用に食べていると、
インドの人たちはニコニコして、ジェスチャーを交えながら
上手な食べ方を教えてくれました。

インド人は、とても猫舌なのに、手は熱いものでも大丈夫です。

ご飯にカレーをかけて、まず指でぐちゃぐちゃとかき混ぜて
(これが結構熱い!)
それから右手の人差し指、中指、薬指の第2関節まででご飯をすくい
(つまり、あんまり指を汚さずに)
その時に、同時に一口くらいの大きさの丸いお団子みたいにして
親指の下のふっくらした場所にのせます。

それを、また上手に指を使って、口の中に押し込みます。
その繰り返しです。

だから、あんまり手は汚れません。

インド人にとって、小指は何か意味があるようで
楽器をひくときにも、小指を使いません。
ちゃんと聞いておけば良かったかなぁ!

日本に帰ってきて、カレーをスプーンで食べたとき
なんだか口の中に鉄の味がしました。

変な言い方ですけれど、
おにぎりがおいしいのと同じですね。

そうそう…インド人の赤ちゃんも辛いカレーを食べてました。
柔な離乳食なんてないみたいです。すごいなぁ~!

やっぱりカレーが食べたくなったので、
近いうちに、ちゃんとスパイスを使って、
美味しいカレーを作ろうと思っています。

さっきの地震ビックリしましたねぇ~!

思わず食器棚を押さえてしまいました。

大雨は降るし、なんだか本当に変な天気が続きますねぇ~ ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おじいちゃま先生の記念日

今日は、私の瞑想の先生の先生の先生が亡くなられた日です。

つまり、3代前ですね…ややこしいですか!(笑)

私は、もちろん一度もお会いしたことはありませんが、
勝手に自分の祖父のような気がしています。

私が滞在していたインドのヨガの道場の近くに、
この方が住んでいたお寺があり
沢山のインド人が色々な場所から巡礼にきていました。

先生は『瞑想をすると、幸せになる!』…と、弟子達に言われました。

私の内側で、もっともっと幸せになりなさい…というメッセージが
聞こえてきます。

自分で決めた幸せには限界があるし、
もしかしたら、ひとつのありようしかないかもしれませんが
本当の幸せというのは、型にはまったものではなくて
とても大きいものかもしれない…と思います。

そして、幸せになることはワガママでも身勝手でもなく
この世に生まれた私たちが達成するための
とても大切なゴールなのだと思います。

『もっともっと幸せになりなさい!』

少しの限界もなく、全ての人が幸せになりますように。

聖人からの願いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は立秋です。

今年の夏は、全然夏らしくなくて、
梅雨が終わっても、じめじめと蒸し暑い日が続きます。

そういっても、今、窓をあけて外の風をいれると
雨が降った後なので、とても涼しくて、まるで秋のようです。

少し、静かで淋しいような気もしてきます。

残暑でどんなに暑くても、やっぱりどこかもう秋を感じます。

私の中では『立秋からは、はっきりと秋』…って決まっているようです。

最近は、異常気象のせいで
夏らしい夏や、春らしい春…がないけれど
日本の四季は、とても素晴らしいと思います。

インドにいたときは、
半分が乾季、半分が雨季でした。

乾季のときには、近くに見える山も茶色一色ですが
6月を過ぎて雨季に入ると、どこもかしこも、緑色になります。

春や秋といった、なんとはなしに、ものを想うという季節はなくて
雨か晴れ…という感じで、1年を過ごします。

お天気と四季と国民性は、密接につながっているようです。

そう想うと、
日本に生まれて、春は桜を追いかけて、秋は紅葉を追いかける…
という過ごし方は、とても素敵なことだと想います。

どんなに暑くても、もう秋ですね。

あっという間に、1年が過ぎてしまいそうです。

大切に、大切に、毎日を過ごして生きたい…と
心から想います。

今日は、夕方になって突然の大雨でした。

沢山洗濯物を干して出かけていたので、
義母に電話をしたら、『お洗濯いれておきましたよ』…とのこと。

そして
『傘が無いんです』…と言ったら、すぐに迎えに来てくれました。

雨の中、二人で傘をさして帰りました。

本当の母ではないのに、
義母は私の事を本当の娘のように可愛がってくれます。

結婚してよかったって思う理由のひとつは
お母さんって呼んで甘えられる人がもう一人いること…だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれ!がんばれ!じ・ぶ・ん!

昔、友人とちょっとキツイ山道を歩いていたときに
5歳くらいの男の子とすれ違いました。

彼は、お父さんとお母さんと3人で歩いていましたが、
一人で掛け声を掛けながら、一生懸命でした。

そのときの掛け声が
『がんばれ!がんばれ!じ・ぶ・ん!』でした。

頑張ろうと思うと、その男の子の声が聞こえます。

そして、まさに今、私の中で、その声が響きます。

来年では、遅すぎる。
本当に今、この瞬間…からです。

そのための準備は一杯してきました。知識は沢山あります。
どうやって動いたら良いのか…ちゃんと知っています。

後は、決意をして実際に動くだけです。

山登りみたいに、目の前を大切に、一歩一歩進んでいって
頂上まで昇れたらいいなぁ~…と思います。

実際は、とても小さい事の積み重ねなんですが、
今日から始めようと思います。

まずは、書斎の片づけから… 
今必要のないものは全てまとめてしまいました。
 
一歩クリアです(笑)

『頑張る』という言葉…そんなに悪くないじゃん!…って思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せな仕事

インドのヨガ道場に長く滞在したときに、色々な仕事をしました。

もちろん、修行ですから仕事とは言えないかもしれませんが
本当に面白かったです。

まずは、幼稚園の先生…(これは本職でしたけど…) 
アメリカ、スペイン、フランス、ドイツなどの7~8人の子供たちを
私(日本人)、ドイツ人の女性、スペイン人の男性の3人で見ました。

ドイツ人とスペイン人と、結婚したらどうなるのか…と、思いながら
何をするにも、意見が違って、頭がおかしくなりそうでした!

本当に自分が育った環境が違うということが、
これほど子育てに影響があるのか…と、つくづく考えました。

それから、通訳・翻訳 これは、長い間続きました。
瞑想の先生の話を同時通訳すること、
英語の文書を翻訳すること。

新しい日本人が来たら、先生に紹介すること。
インドの暮らし方を説明したり、サポートすること。

そうそう、まずは洗濯やお風呂のためのバケツから買います。
そういう、買い物のお手伝いとか、全てです。
お塩の入った水を飲まないと、頭が痛くなるよ…とか
サリーはこうやって着るんだよとか…ね。

ハタヨーガの先生。
身体の硬いインド人にもヨーガを教えました。これも楽しかった。
インド人は全員ヨーガが出来るわけではありません。
日本人だって、全員が柔道が出来るわけじゃないでしょ。
…それと同じ(笑)

お菓子売り場のスーパーバイザー。
パンやケーキを売ってる人のとりまとめでした。
毎日、毎日、アップルパイを15枚位、8等分して(切って)売りました。
ベーカリーという場所で、パンやお菓子をフランス人のシェフが
焼いてました。(彼らは国に帰ると本職のお菓子屋さんだったりする)
ソフトクリームも、グルグルまわしながら、サーブしました。

いつもニコニコしていたので、一人のおじさんが家に帰るときに
『あなたの笑顔が嬉しかったよ…』って、プレゼントをくれたりしました。

お花のアレンジメント。
日本人は、お花を飾るのが上手…と言われて
色々な場所にお花を飾りました。これも手がガサガサになったけど
面白かった。

ハウスキーピング。
手ほうきで、床をはいて、水をまいての掃除。
部屋は石畳なので、はだしで歩いていました。
汚れたら、水をまいてゴシゴシ洗うだけで、とても綺麗でした。

ミュージック。
インドの楽器(オルガンのようなもの)ハーモニウムを弾いていました。
先生の資格をとるつもりで練習しました。

それで、今思えば、どんなことでも働ける…って思います。

でも、不思議なのは、私には一切デスクワークの仕事が
来なかったことです。

やっぱり、そうかぁ~…、だから幸せだったのか…、
今になってそう思います。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の夏休み計画♪

今年は、夫と1泊で、平泉と厳美渓に行ってきます。
帰りは盛岡に出て、【椀子そば】を食べてきます。(笑)

平泉は、昨年の遅い夏休みに行こうと思っていたのですが、
地震があって、取りやめました。

ですから、2年がかり…ということになります。

今回は、夫が『お前の行きたいところに行こう!』と言ってくれて、
私は白神山地に行きたいと思っていました。

せっかくなら、ガイドさんと一緒に歩きたかったのですが、
いつもながら、申し込みが遅くて、丁度良いツアーがありませんでした。^^;

白神山地に行くのは、春も良いかなぁ~…と思います。

以前、NHKのTVで、
白神山地のぶな林の1年の移り変わりを追うドキュメンタリーがありました。

雪がとけて、ぶなが流れていく水を吸いあげていく音を聞きたい…と
本当に思いました。

生きている…という体験が、そこにあるように思いました。

それは、今度のお楽しみにして、
今年はノンビリとゆっくりと温泉に入って、岩手の夏を楽しんできま~す。

何か、お奨めがあったら、教えてくださると嬉しいです♪

今日は8月4日で、箸の日だそうですね。

分かりやすいけど、語呂合わせがあまりにも普通すぎて、
なんだか笑っちゃいますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

論理思考の続き

月曜日のハタヨーガ・クラスは、平日ということもあり、
参加者のみなさんは、それぞれ違った仕事のスペシャリストだったりするので、
ランチは面白い話を聞いたり、それについて話したりして、楽しい時間です。

論理思考のToshiさんも来てくださるので
ランチを一緒に食べながら、今回は説得のことを伺いました。

そんな訳で、説得の話の続きです…

前回、理由をいくつか述べて、それを相手が納得できることが
大切…という話を書きましたが、
それに加えて、その理由が説得する相手にとって
心に響くものかどうか…が大切ですよ…と、言われました。

なるほど…!

たとえば、『囲碁をやって欲しいなぁ~!』…と思って相手を説得するのに、
『あなたが囲碁をしてくれると、私がとても嬉しいから!』と言っても駄目で、
『囲碁をすると、交友関係も広がるし、もしかしたら婚活にいいかも!』
(その人が婚活をしたいと思っているとして…)と言えば、
かなりの確立で、『そうかぁ~…そんなに良いことがあるのかぁ~』と
思ってくれる…ということです。

そこを間違える人が多いから、説得はうまくいかない…わけなんですね。

相手が、何かを望んでいて、自分との共通項目が多ければ
説得は簡単にいくように思います。

つまり、こんなことですね。

人を説得するときには、相手と自分の共通点を探してみると
うまく行く!

それって、コミュニケーションをとるときの、法則みたいです。

誰かと一緒に行動するときに共通点を探すと、
案外簡単に友達になれたり、最初から深い話ができたりします。

人の頭は、人との違いを探すようにできていますから
これは、どちらかというと、ハートの分野かもしれません。

誰かと会ったら、
この人と私の共通点はなんだろう!…っていう癖をつけると
色々なことがうまく行きそうじゃありませんか?

今日は、実家の母のところに行きました。

母の家の隣は公園があるので、もの凄い数のセミが鳴いてました。

今年は、日照時間がとても少ないので、本当にセミは必死に鳴いていますね。

なんだか切ないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また、銭湯にいく!

今日は、夕飯を食べてから、
いつもよりも遅い時間に、一人で銭湯に行ってきました。

いつものツルツルになる軟水温泉です。

昨日は、大江戸温泉、今日は銭湯という、贅沢な毎日。

疲れて声もでない~!…という感じから、
あ~…今日も一日頑張ったなぁ~…という感じに
切り替えができました。

それで、450円が高いか安いか…は、
それぞれの個人の感覚だと思いますけれど。

また明日から月曜日。

私の手帳は、月曜日始まりです!

そして、ヨガの仕事も月曜日の朝から始まります。

また良い一日のスタートが切れますように。

皆さんにとっても、良い日になりますように。

一緒に、幸せの連鎖の作り手になりましょうね♪

今日は、お昼、少し晴れたときに、競いあうように
セミの声がとてもにぎやかでした。

でも、すぐに曇って雨が降ったので、セミはピッタリ鳴きやみました。

セミの命は短いのに、ここしばらくちょっとセミには気の毒な天気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

論理思考Ⅱで学んでいること

現在、論理思考Ⅱのクラスを受講中です。

相手を説得するときに、
『○○して欲しい…』という主題に対して、
『××だから…』という理由付けを、3つぐらい並べます。

その理由を、『なるほど~』と相手が思えば、
『いいよ!してもいいよ!』ということになります。

この理由を3つ考えるときに、
3つ違った方面のことが挙げられれば一番良いのですが、
それよりも難しいのは、
最初の理由をちゃんと言い切ってしまう…ということなんです。

それをしないと、2つ目も3つ目も同じようなことを
繰り返し言葉を変えていうだけになってしまいます。

ひとつずつ、ちゃんと言い切って、次に進む。
次をいうときには、また新しく始めて、ちゃんと言い切って、次。

これって、なかなか難しいと思いませんか?

今ある状況を、やりきって、一歩左へ…という感じ。

何故左か…というと、私の身体の感覚でいうと
こういう感じだからなんです。

ちょっと目を閉じて感じて欲しいんですけど、
想像のなかで構わないのですけど…

右にいくのは、結構体が続く感じがして楽なんですけど、
左にいくのは、案外ちゃんと決意しないと動けないと思いませんか。

これって、私の感覚かなぁ~!

また、最初の話題に戻りますね。

つまり、次にうつるときに、(また、後戻りしないために)
今のことをちゃんと言い切っているだろうか…と
自分に問うことが、大事ですよね…という話です。

これは、論理思考の組み立ての話ですけれども、
なんだか生き方にも通用しそうな気がしませんか?

…というわけで、ただいま、私、これを実践中です。

今日は、大江戸温泉に妹と姪っ子と3人で行ってきました。

前に行ったときは、冬の最中で、とても混んでいましたが
今回は、割合空いていました。

暑いときには、あんまり温泉に入りたい気持ちがしないからですね。

そして、5歳くらいの子供を連れた家族が多かったような気がしました。

夏休みだからでしょうか?
みんな、とっても楽しそうでしたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »