« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

ころぶ

今日、夫の母の家に柿を持っていった帰りに、
私の家の前にある自転車をどうにかしなくっちゃ…という話をしていました。

ちょっと見に行きましょう…と言って、
夫の母が玄関を出て、道に出たとたんに、スッテンコロリンと転びました。

実は、先日新宿で転んで、救急車で運ばれたばかりだったので
もうビックリして、どうしようか…と,、オロオロしました。

けれでも、コロリンと転がったので
どこも折れたりしなくて、本当にホッとしました。

足腰が達者な人だったのですが、
このところ、ちょっと足元が不如意のようで、心配です。

自分の肉体が、衰えているという感覚をなかなか持てず
今までのしっかりした足腰を持っていると、頭で判断してしまうから
ちょっとしたことで転ぶのだと思います。

私も、結婚する前ですから、6年くらい前に
道で大袈裟に転んで、左の膝を怪我したことがあります。

遅刻しそうになって、急いで走っていたときに
鎖を飛び越そうとして、(結構高い位置だったので…)
その鎖に引っかかったのです。

自分が考えるよりも、脚力が弱くなっていたことに
気づかなかったわけです。

結局、膝にたまった水を1度抜いて、それきりで治りました。
今は、普通にヨガをしていますけれど、
年をとったら、意外と後遺症があるかもしれません。^^;

運動会で突然走ったお父さんが、アキレス腱を切るという話、
よく聞きますけれど、それも同じかもしれませんね。

自分の身体を身の丈で知っていること、大切です。

気をつけましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野に行って、【皇室の名宝】を見る

今日は、国立博物館で行われている、【皇室の名宝—日本美の華2】に
夫と行ってきました。

夫は、1にも行ったのですが、私は2だけ。

蒙古襲来絵図とか、聖徳太子の絵とか、
昔、日本史の教科書で見たことがあるようなものが沢山ありました。

そして、正倉院に保存されていたものが
本当に何も損なわれていないことに、ビックリしました。

大切に扱われて、大切に保存されてきたことが伝わってきます。

源氏物語も、丁寧に手で書き写したものが展示されていました。

昔は、コピーも無かったし、全部人の手を使って残されたんですね。

私も、高校生まではコピーを使わず、
人のノートを借りたら、自分で写していたものです。(笑)

大学生になると、コピーでノートを複写するのが普通になり
あんまり、勉強にならなくなったような気がします。

自分の手で書き写すと、よく覚えられるし、身につくような感じがしますね。
それに、自分のものとして、大切にしそうな気がします。

昔の人は、とても美しい字を書いていて、そのことにも感動します。
無駄がなくて、すっきりとしているような、美しさです。

私も、綺麗な字を書きたいです。

今からでは、もう遅いでしょうか?
努力したら、少しはむくわれるでしょうか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

091128 ヨガ受講 今日の気づき

またまた、久しぶりのクラスでした。

シルシャアーサナという、頭で立つポーズがあります。

私は、首(頚椎)が弱いので、あまり長い時間立つことができません。
そういう訳で、あんまり練習もできませんでしたし、
先生も私の状態を見て、無理しないこと…と言われていました。

ところが、ロルフィングのお陰で、随分と様子が変わってきて
このポーズをしても、首や肩の痛みがなくなってきました。

バランスをとる練習ができるようになって、とても嬉しい…というのが
今日の収穫です。

夫が、太極拳を習っているのですが
偉い先生にひとこと、腕の動かし方を指摘されたそうです。

『見てくれる?』と言うので、見たら、なるほど…という感じ。

腕を開くときに、肩甲骨や肋骨に影響があるような開き方ではない。

一杯に腕を広げると、肩甲骨も胸骨も動いて、
呼吸が自然に入ってくるはずなのです。

だから、動きがとても大きく見える。

肩先からだけ、腕を広げたとしても、それは本当に意味での開放には
ならないということ。

なるほど…。

私も、影響のある短い言葉を言えるような先生にならなくては…

どうも、色々言いたくなって、結局分からなくなっちゃうんですよね!

とても良い学びでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手帳を工夫する

そろそろ、新しい手帳が店頭に並ぶようになりました。

私は、4月始まりの手帳を使っているので
ちょうど2/3くらいというところです。

雑誌を読むと、スケジュールの部分を工夫して
無駄な時間をなくし、未来に達成したいことを書き込もう!!!…
そんな特集が組まれていたりします。

私は、70年代~80年代はレッツの手帳(2週間見開き)を
ず~っと使っていました。

今は、ほぼ日手帳を使っています。

新しい手帳を開くときも良いですが、
色々書き込んだ手帳も、なかなか良いものです。

私の手帳は、色々と挟み込んで、貼り付けてあるので
だんだん膨らんできました。

今回、雑誌の特集からヒントをもらったので、
手帳の中身を色分けしてみよう…と思って、3色のボールペンを買いました。

最近は、あまり仕事をしていないので、人との約束が少なくて
スケジュールはガラガラなんですけれど、
年が明けたら忙しくなりそうです。

力を溜めている…と思って、このゆったりした感じを
満喫しようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚釣り

飯田橋で、夜のヨーガクラスをしています。

7時少し前に、JRの市ヶ谷駅で電車を待っていると
ちょうど目の前がつりぼりです。

同じ時間に、その場所を見るのですが
夏の頃はとてもうらやましい気持ちだったのに
今はとても寒そうです。

私は、子供の頃の夏休みに
北海道の秩父別(ちっぷべつ)というところに、
川魚をつりに行ったことがあります。

いとこの家が、そこにあって(本当に田舎でしたが)、
夏休みに遊びに行ったときに、兄と妹と三人で
魚つりに連れていってもらったのです。

初めて、釣竿にミミズをつけて、魚釣りをしたのですが
とっても気持ちが良かったのを覚えています。

今だったら、魚を釣る間に
色々なことを考えたり、感じたりできそうです。

そういうボンヤリする時間が、今、一番欲しいです。

頭の中のさざ波が、どうしても収まりません。

やれやれ…、瞑想をもっとしなければいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日 ^^;

今日は、私の誕生日です。

妹からショールをもらって、嬉しかったです。
夫からはお小遣い。夫の義母からはホールのケーキ。

そして聖路加の吉田先生からは、心に残る言葉。

中央区との連携コース【まなびのコース】で
聖路加で、ヨーガ・ストレッチを教えているのですが、
終わったあとで、お茶を飲みながらお話をしていました。

私は、『ぶなの木』が好きです。
落葉樹としての季節の変化を考えると、人生のようだと思います。

そんな木の話になって、
「先生は、木の幹が太いから、葉っぱを茂らせても
大丈夫ですよ」…と言って下さったあとで、
「それに、林檎の木には林檎しかならないですからねぇ」…と。

自分がどんな木なのか、分からなくなってしまうほど、
色々なことに興味があって、色々な仕事をしてきました。

けれども、自分を育てている限り、
木の幹は太く大きくなり、そこに実る果実は良いものになる。

色々な種類の果実をつけることはできない…という事は
がっかりすることではなくて、かえって気持ちを楽にする。

今更、何を…という感じですが、
またひとつ年を重ねる上で、良いメッセージを頂いた…と
思いました。

091125_3夫の母が、買ってくれたケーキです。

子供みたいに名前のカードをつけて
持ってきてくれました。

夜遅くに、夫が祝ってくれました。

ロウソクは、年の数とは関係なく、
5本あったので、全部つけました。

ハッピー・バースデイの歌を
夫に歌ってもらって(笑)
お願い事をしてロウソクを吹き消しました。

欲張りすぎたので、叶うかどうか
ちょっと心配です。 ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二の酉

夜は、二の酉。

近所で探したのですが、あまりピッタリしなくて
結局以前行った新宿の花園神社(おおとり神社)に
仕事帰りの夫と待ち合わせて行ってきました。

「この列はなんだろうね?」なんて言いながら列に並んだら、
それはお参りのための列で…最後まで混んで凄いものでした。

ようやく、お賽銭をいれて、お参りをしてきました。
いつものように夫は長々と御願いことをしていました。 ^^;

お賽銭は、神社の人が、本当に大きい熊手でかき集めていて
こんな風景は見たことがないので、楽しかったです。

熊手は、華やかなものでなくて、神社でお配りしていたものを求めました。

夫は、お参りの前に「安いから神社の熊手にしようか」…と言うので、
私は「いやいや、それを言うなら神社のものは霊験あらたか…と言って」と
神社の神様が怒ったら困るので、お宮の前で急いで訂正しました。

私の父は、お祭り好きだったので
病院の待合室に、1メートル位あるような、大きい熊手を飾っていました。

病院にお酉さまの熊手を飾るというセンスもなんだかなぁ~…と
子供ながら思っていましたが、年の瀬には華やかで良いものでした。(笑)

091124 奥に見える真ん中の列が、 
神社の中に入るところです。

沢山の提灯が飾られて
とても明るかったです。

帰りにたこ焼きを食べながら
帰ってきました。

皆様にも良いことが沢山ありますように♪
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の話

友人で、夢分析をする人がいます。

時々、私の夢を話すのですが
私の中のテーマは、夢の中でず~っと続いているのだそうです。

そのテーマは、コミュニケーションです。

そして、最近の夢の中で、人とのコミュニケーションの取り方が
変ってきているのだそうです。

それは、現実の世界でも、そうかなぁ~…と思います。

今までは、一人の人とじっくりと話し合って、
お互いに分かり合うことに価値を置いていたのですが
もっと、ただ一緒にいて時間を過ごしているという淡白なものでも
深く満足できるような感じがします。

昔々大学生の頃、ある人に、
「人と向かい合って、何も話さないということがあっても、
あなたと、私とは、その意味が違うような気がする」と言われたことがあります。

私は、何も話さないことで更に深い愛情を感じたいと思っている…と。

その人は、お互いの感情を何も共有していなくても
ただ一緒にいることが大切で意味があることだと思っている…と。

私は、黙って「ふう~ん!」という感じで聞いていましたが、
年をとって、今は、その人の言う意味が分かるような気がします。

今の私は、気持ちを言葉に出すこと…
できる限り共有するものを形に表わしておく努力も大切だ…と
思います。

それが、コミュニケーションなのではないか…と。

その結果、「何もしないで共にいること」がやってくるのだ…と。

空気のような夫婦といいますが、
その空気状態になるまでに、どれだけのぶつかり合いがあったのか…
そんなことも思います。

また夢をみたら、それがとても忘れられないような強い夢なら
友人に話をしてみようか…と思います。

ちょっと楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休ですが…

今日は、図書館に行ったり、
ポイント5倍セールのスーパーで買い物をしたりして
ノンビリと過ごしました。

今の時期、眠くありませんか?
ふだん、眠りの浅い夫もよく寝ています。

眠さの時期が時々やってきます。、
それが今までは自分ではよく分からなかったのですが
どうやら規則性がありそうです。

睡眠時間が5時間を切る日が続くと、電車の中の居眠りが始まります。

…ということは、6時間眠れば良いのだろうと気づきました。

単純ですが、自分にとって、最低必要な睡眠時間を知っておくのは
大切なことだと思います。

先日、ためしてガッテンで、
寝だめをすることは、疲労回復に役立つということをやってました。

どんな時間に寝ても、たとえそれが昼間であっても
睡眠をとることは、疲労回復に重要なことなのだそうです。

私は、科学的な根拠が発表される前々からそう思っていました。(笑)

昼間に寝たら、夜に眠れなくなるから良くない…と言われても
断固として疲れたら寝る!…と決めていました。

寝だめをして、起きたときにだるく感じるのは、
単純に、今までの疲れに気づいたからだとのこと。
つまり、以前は疲れすぎていて、
だるさも感じられない身体になっていただけなのだそうです。

疲れたら、寝ましょう!
そして、コリのない心と身体になりましょう♪♪♪

明日は、用事があって朝から茅ヶ崎まで出かけてきます。
夫のお昼ごはんには、肉じゃがを作る予定です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさまに感謝♪

お天気が良いと、本当に気持ちが楽になります。

私の家は、あまり日当たりが良くなくて
10時~12時くらいの間しか、太陽があたりません。^^;

あ~… 10時~12時の間は、太陽があたります…と
いうのが、ポジティブな心だったか…と思いますが。

お天気の日には、洗濯を外に干すことが本当に気持ちが良い。
お布団をとりこむときも良いですよね。

私は、おひさまが当たって、風とおしの良い家に住むというのが
一番の望みなんです。いつか叶うといいなぁ~!

午前中のその時間に家にいなければ、自宅でお日様を満喫することが
できませんが、私が選んだ家ではなくて、夫の実家ですし
住まわせてもらっているのだから、感謝してます。(笑)

それから、どんなに寒くても、朝雨戸を開けるときに、窓を全開にして
家の中のもやもやした気持ちを一掃するようにしています。

そうすると、心がシャキーンとして、目が覚めます。

今年は遠出はできないから、紅葉は家の近くの公園で見ています。

明日は雨かぁ~…って、ちょっと残念です。

天気予報なんてはずれて、明日お天気になるとイイナァ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の至福の時

本当に久しぶりに、胃が痛くない時間を過ごしています。
恐るべし…漢方薬! 九鬼先生、有難うございます♪

正確に言うと、胃があることを忘れている…という感じです。

お腹が空いたり、満腹のときだけに
胃の存在を知っている…というのが幸せなんだなぁ~…と思います。

朝、洗濯と掃除をして、少しコンピュータに向かって
それからNHKBSでクラシックコンサートを観ました。

午前中に家にいて、時間があるときには、
このTVを観ながらお茶を飲みながら休憩をしています。

お天気が良かったので、暖かい太陽の光を感じながら、
コーヒーを用意していました。

今日のBSクラシック前半は、モーツァルトピアノコンチェルト23番でした。

私は、モーツァルトのピアノコンチェルトの中で、
特に20番と23番が好きなのですが、
突然聞こえてきたときに、訳も分からず涙がポロリとこぼれました。

とても幸せな気持ちがして、心があったかく感じられました。

25歳くらいまで、途中でやめたり、続けたりですけれど、
ゆるい感じでピアノを習っていました。

先生は、とても自由な方で、私が好きな曲を、どんな曲でもレッスンしてくれました。

その頃の私は、この23番が大好きで、特に2楽章のメロディ
耳にたこが出来るくらい、何度も何度も繰り返し聴いていました。

それで、レッスン曲に選びました。

2楽章は、技術的には難しい曲ではないのですが
とても美しいメロディで、綺麗な音で弾くのは容易ではありませんでした。

先生は、細かく小節ごとに、そのフレーズを色彩にたとえて
どんな色合いで弾きたいのかを、いつも私に尋ねてきました。

どれだけそれが本当の音に反映されたのか、分かりませんが
そんなことを一生懸命に考えてピアノを弾いていた自分のことを
懐かしく思い出しました。

最近、人生の中の休憩の時期のように感じています。

あんまり加速できない毎日なのですが、
心を緩めてゆっくりと…ということを、やっています。

こんな時間の過ごし方も、良いかなぁ~…と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスの歌

夕方買い物に行く途中で、
前を歩くおじさんが【赤鼻のトナカイ】を歌っていました。

私も一緒に小さい声で歌いました。
歌いながら、昔のことを思い出していました。

少しの間ですが、
小学生に英語を教える塾で、働いていたことがありました。

クリスマスが近づくと、英語の歌を練習するのですが
その中のひとつが【赤鼻のトナカイ】でした。
他には、【きよしこの夜】だったかな…。

そういう訳で、これは英語で歌えます。(笑)

家の近所で、クリスマスの飾り付けが始まり、
いよいよクリスマスが間近になってきたのを感じます。

クリスマスには、
子供の頃の幸せな思い出が沢山沢山つまっています。

前の日には無かったのに、
夜の間にサンタクロースが来て、朝起きるとプレゼントが枕元にある。

サンタクロースは、とても大切な気持ちをプレゼントしてくれたのだ…
今になって、そう思います。

心の中にある、幸せな記憶…。

どんなに年をとっても、そこに戻れば、
子供の頃のような幸せな気持ちが湧き上がってきます。

今年も、昔の私のように、
サンタさんがプレゼントをくれるのを待っている子供たちがいる。

そんな子供たちに、幸せなクリスマスが来るように…と祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃の痛み…その後 

実は、昨日、ロルフィングを受けてきました。

ロルフィングは、素晴らしい体験がありました。
素晴らしすぎて、まだ、言葉にできないくらいです。

施術中は、とても楽になったのですが、
家に帰ってから、胃の痛みが始まり、かなり辛いものになりました。

胃の痛みは、ロルフィングの好転反応かも…と思いましたが、
今日は、私の主治医の先生/銀座内科診療所【九鬼先生】のところに
行ってきました。

九鬼先生は、もともと朝日新聞の記事を書いていた新聞記者さんでした。
その後、40歳過ぎに、大学の医学部に行って、お医者さんになりました。
漢方薬の専門医なので、漢方薬を処方してくださいます。
希望すれば、普通のクスリも可能だし併用もできます。

私は、九鬼先生が記者さんの頃から知っていて、
初めて会った頃から数えれば、もう27年くらいになります。

そして、先生のところに伺ってから、今年で12年目になります。

医者の兄がいるのに、兄に申し訳ないのですが… ^^;
私は、九鬼先生をとても信頼しているので、何かあると頼ってしまいます。

それで、今日の診察は3年ぶりでした。
その間、健康だったということですね。

胃カメラの検査で、胃も食道もきれいで、ピロリ菌もいないと
ご近所の先生に言われながら、実は胃が痛むことがありました。

この痛みの始まりは、人間関係からきたストレス。
今はその人と会うことは無いのですが、
その体験がかなり強烈だったので、身体を傷めてしまったようです。

九鬼先生に、胃が痛むようになったきっかけは…?と聞かれて
事情を話したところ、【そうか…そうか!】という感じで聞いて下さいました。

漢方の先生なので、舌を出したり、お腹を触られたりしての診察。

おなかの緊張がなくなった…といわれました。
ロルフィングの田畑さんのお陰だと思います。

そして、漢方薬(生薬)を2週間分を処方して頂いて、
クスリをもらって、ヨガクラスに行きました。

不思議なことがあったのは、
漢方薬を受け取って、匂いを嗅いだ後から
まだ飲んでもいないのに、胃の痛みが軽くなったのです。

アロマセラピーでしょうか?

ちなみに、漢方薬はその症状にピッタリ合うと
おいしいし、ちっとも嫌ではありません。

明日から薬を煎じて、しばらく飲みながら様子をみますが、
こんなに良い香りなら、きっと効くような気がして嬉しいです。

ちなみに、夫は嫌な顔をしていました(笑)

そんな訳で、ヨガクラスはいつも通りにできました。

九鬼先生に感謝です。

すぐに、元気になりますよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃の痛み ^^;

胃が痛くて、今日はお休みしていました。

暖めても、手当てをしても、良くなりません ^^;

明日は、ヨガクラスなので、
クラスが始まる前に、久しぶりに銀座の漢方医の先生のところに行きます。

久しぶりに主治医の先生に会って、診ていただくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年日記

石原10年日記を買おうか…どうか…迷いながら
なかなか決められません。

今年は、結婚5年目でしたので、
区切りが良いので、来年から書き始めようか…と。

今年までの10年は、2000年始まりだったんだなぁ~…と
感慨深い気持ちでした。

ミレニアムと騒いだことが、ついこの間のような
そんな気がします。

前の会社に入社したのが、平成11年なので、会社に入って会社を辞めて
結婚して…という激動の10年だったんだなぁ~…と思っています。

次の10年くらいは、
ちゃんと文字も書けるかもしれない…と思ったり、
来年から、新しく切り替えることを願っているので
(毎年、そんなことを言っていますが…)
ちょうど良いかなぁ~…と思ったりします。

さて…どうしようかなぁ。

もう少し、楽しみながら迷っていようか…と思います。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想いを大切にする

結婚する前には、一人暮らしだったので
家に帰ってくると(当然一人で)色々なことを考えたり感じていました。

別に、ネガティブなことを考えていた訳ではありませんよ。

自分の心の有様に意識を向けて
自分の心にあることについて、分からないことをはっきりとさせたり
気持ちを深く味わっていました。

土曜・日曜に、友人に会わなかったりしても、一人で退屈せずに
ぼんやりすることを楽しみながら、ず~っと過ごしました。

結婚するまで、
正確には、結婚してからも1年くらいの間は
TVも無かったので、とても静かに暮らしていました。

今は、夫が家にいるし
義母も隣の家に住んでいるので
一日中、静かに過ごすことなんて決してありません。

そういう理由なのか(もしかしたら別の理由かもしれませんが)
じっくりと考える時間が、いつも欲しいと思っています。

いつも、何かが割り込んでくるような気がしています。
何か…というのは、考えていることをせき止めるようなことです。

そして、自分を脇に置いて
目の前にあることを、やっているうちに
なんだか欲求不満のような気持ちになってきます。

自分を大切にしていないような気持ちです。

一人の時間を大切にしなければいけないなぁ~…と
今日は、つくづく思いました。

本当は、こんな気持ちだったんだ…というような
自分の気持ちを深く味わうような時間を
毎日、意識して作るようにしたいなぁ~…と。

今日は、良いこと考えたぁ~…という気持ちです。

子供のころ、トモダチと遊んでいるときに
遊びを切り替えるときに、競争するみたいに
【いいこと考えたぁ~…】って、言うときみたいな気持ちです。

今日から、始めようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

091114 ヨガ受講 今日の気づき

久しぶりに、逗子に行ってきました。

先生がクラスをお休みしていたことと、
私のスケジュールが合わなかったことが重なって、
ほぼ1ヶ月ぶりのクラスでした。

今日は、【ゆるいねじり】の日でした。

私は、下半身左ねじれ・上半身右ねじれという複雑な身体なので、
つまり…気をつけないと、右足がいつも半歩前にあり、
左の肩が前にでているという感じ。

寝ながら脚腰を右にねじるのは、少し抵抗があります。

ところが、食事をしている時に、
私の後ろにある引き出しをあけるのには右側から振り向きます。

これは、私の身体の動きの癖なので、
自分でヨガの練習をするときには、このねじれを意識して動かすようにします。

今日も、痛い痛い…と言いながら、ねじっているうちに
だんだんとねじれが戻って、左右差が小さくなりました。 

ねじるのは、本当に気持ちが良いです。

特に、重い荷物を持った後で、腰がアワアワとするときなどは
椅子に座ったままでも、左右にねじると、本当に楽になります。

若い頃は、股関節も肩甲骨も柔らかかったので
ヨガのポーズをしている最中に傷みを感じたことは
ありませんでした。

ずいぶん、乱暴に身体を使ったので
首や腰や手首などを故障したこともありました。

関節が柔らかいというのは、良いことばかりではないのです。

今は、自分の身体の弱みが分かってきたので
丁寧に身体を扱うようになったのかなぁ…と思います。

お陰さまで、関節の空間や、肋骨の空間を感じることができます。

そうそう…
先生が言ってましたけど、朝のクラスで、背中に薄い板を3枚くらい
背負っている人がいたそうです。

つまり、背中がバリバリ…ということですね。

そういうときには、本当にねじりがお奨めなんですよ。

これからは、
ねじりのポーズを、クラスの中で、もう少し取り上げようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家の母にお弁当!

今朝、いつも通りに、夫のお弁当を作って、
かばんの中に入れたら、
『今日は、お弁当はいらない!』と言われて、
『いらないのが分かっているのに、どうして先に言わない?!』と
怒りがフツフツと湧きました。

そのまま、夫は会社に出かけていったのですが
ちょうど、実家の近くにある美容院に行くことになっていたので、
そ~だ! 母に持っていこう!…と思って、
実家の母の昼食に持っていきました。

実家の母は、腎臓が悪いので
お米もタンパク質除去米というのを食べています。

ご飯が美味しくない!…と言っていたので、
丁度良かったなぁ~…と思いました。

今日のお弁当の中身は
塩鮭ときんぴらごぼうと、鶏のからあげときゅうりのサラダと
プチトマト。

ご飯は、新米と麦を少し混ぜたものに胡麻をかけたもの。

それから、デザートにみかんが1個。

小学校と中学校は、給食だったので、
高校3年間は母にお弁当を作ってもらいました。
高校時代のお弁当は、海苔弁当が多かったなぁ。

けれども、私が母にお弁当を持っていったのは、初めてかもしれません。

母は食べた後で電話をくれて、教育的指導がありました。
そこが、私の母らしいところ…かも。(笑)

まず、私はそれぞれにホイルカップで仕分けをしているのですが
(私の好みとして、おかずの味が混じるのが嫌いなので…)
野菜が更にとれるので、仕切りにレタスを使ったほうが良いという意見。

それから、食べた後で口の中をさっぱりさせるために
小さい梅干(カリカリ梅のようなもの)を、入れたほうがよいという意見。

ご飯の上の胡麻は、もう少しカリカリした種類が美味しいという意見。

なるほどね…。

夫は、どんなお弁当でも残さずに食べてきます。
内容についても、何も言われないので、あんまり気にしなかったかな(笑)

最近は、雨が降らなければ、近くの公園のベンチで
OLに混じって、ひとりでお弁当を食べているらしい。
それから、万歩計の歩数を増やす為に散歩しているようです。

人目に触れるので、見た目が綺麗なお弁当を作ろうと思って
頑張っています♪

偉いぞ! わたし!

夫がお弁当を持っていかなかったことについては、
実家の母が喜んでくれたので、天に徳を積んだということにして
夫を許そうと思います。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い寒い♪

今日は、突然の寒さでした。
でも…明日はもっと寒いらしい。
東京の明日の最高気温は12度だそうです。^^;

今年は、薄着で頑張るつもりでしたが
やはり寒さには勝てません… ^^;

しっかりとマフラーをして、しかもババシャツを着て、
夜のヨガの仕事に行きました。

今日は、二人の生徒さんが体調不良でお休みでした。
やっぱり、寒いと体調も崩れますね!

自分でも、雨が降ったり、寒かったりすると
ノンビリと穏やかな気持ちで生活してたはずなのに
なんだか、背中が丸くなってみぞおちが縮みます。

それではいけないと…、
今日はお昼から大掃除をしました。

曇っているのに、洗濯をどっさりして、
和室(私のヨガレッスン部屋)を片付けました。

明日はもっと寒くなるけれど、
髪を切りに実家の近くの美容院に行く予定です。

はつらつとして、元気なエネルギーを放出できるように
何か切り替えることをしなくては…と思います。

そういえば…今日は、お酉様でしたね。
本当に年が暮れていくんですね。

お風呂に入って、ゆっくり温まって寝る予定です。
暖かい気持ちは、大事です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3本指にガーゼ

虫に刺されたところが
(虫に噛まれた…という気持ちです)
化膿して、右手の親指と薬指と小指にクスリをつけて
ガーゼを貼って、紙絆創膏でとめています。

指をぬらすと、なかなか治りませんよ…と
皮膚科の先生に言われて、水仕事のときも
自分の顔を洗うときも(もちろん、お風呂に入るときも)
手袋をしています。

仕方がないので
ウィルス除菌の泡泡で手をきれいにしています。

私は、手を洗うのが趣味だ…といえるくらい
どんな時でも、石鹸をつけて手を洗うのが大好きなので
この状態が、本当に不便で、物凄いストレスを感じています。

いつもしていたことを、
理不尽な理由で(…自分が招いたことですが)
突然やめなければならない…というのは
本当に辛いことだなぁ~と思いました。

あと、1週間くらい、この手当てを続けて
それで、だいたい治るんじゃないか…ということです。

それで、思い出したのが、ゴム手袋のこと。

ヨガ道場でよくやっていたディッシュウォッシュ 
2時間くらいの間、ず~っとお皿を洗います。

そして、終わったあとで、
大きなゴム手袋を洗って、洗濯ばさみでロープに干します。

そして、1日干して乾いたら、裏返して
風船みたいにぷ~っとふくらませて
ブルンブルン振り回すと、指がポンポンと戻ります。

それを、何個も何個も繰り返し、やるんです。

お洗濯のあとで、
ゴム手袋を洗って、裏返して干していたときに
そのことを思い出しました。

手袋をして、銭湯に入るわけにも行かないので、
銭湯に行くのを我慢しています。

早く治して、銭湯に行きたいです。^^;

洗剤にジカに触れないので、
お陰さまで、指の脇にできていた【ささむけ】も【ガサガサ】も
きれいになって、ツルンとした指になりました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間ドックと集団検診

毎年11月に、大学病院で人間ドックを受けています。

1年に一度だけなので、
人間ドックの中の対応が変わっていく工夫が読めます。(笑)

今年は、受付にアンケート用紙がありました。
細かく、お医者さんの対応に至るまで、良いとか悪いとかいう
書き込みがありました。

誰が書くのかな?

人間ドックの合間、ぼんやりしているときに
昔の集団検診のことを、思い出していました。

私の父は、しらゆり号というバスを使って、
タクシー会社などを中心に、集団検診をしていました。

イギリスから帰ってきて、就職が中途半端な時期に、
私も白衣を着て、父のところで働いていました。

私の役目は、視力検査と体重・身長測定。

もう何十年も前の話ですから、視力検査と言っても、
機械を使わずに【黒のおたま】みたいな道具を目に当てて、
棒で字を示して読んでもらう…みたいなこと。

タクシー会社のおじさんたちは、
腰痛や高血圧の人が多かったような気がします。

まだ若かったので、からかわれたり、色々と大変でした。

今なら、全然大丈夫だと思いますけど。(笑)

検診結果が出てくるまでは、ちょっとドキドキですが
事実を明らかにするのは、大切だと思います。

そして、自分のことを大事にした時間や気持ちが
また、良いのだなぁ~…と思います。

検査の合間に、(システムが故障とかして、随分待ったのです)
野口整体の野口先生の本【体癖】を読んでいました。
とても面白かったので、その話は、今度書きますね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街は、もう、クリスマスです。

実家の母に買い物を頼まれていたので、
今日は、長原クラスの後に、銀座へ行ってきました。

厚着をしていった私は、暑くて大失敗でした。 ^^;

夫は、昔から新宿で買い物をしていた人ですが
私は、子供の頃から出かけるのは銀座でした。

銀座を歩くときには
私の方が、夫よりも道を知っているので、堂々と歩きます。

今日は、一人だったんでけどね…。

伊東屋さんで、二人の母にカレンダーを買い、
4丁目の方に向かって歩いていたら、
もうミキモトにクリスマスツリーが飾られていました。

091109 堂々として、
なかなか素敵なツリーでした。

ミキモトさんのツリーは、
毎年本物の木が飾られて、
季節が終わった後には、
確か、抽選で寄付されるのだと
思います。

こんなに大きい樅の木があったら、
いいですねぇ…

実は、目白の花屋さんで
樅の木を見つけたのですが、
目白から、自宅まで
どうやって持ってこれるのか…
考えても無理だったので、
買うことは、あきらめました。

私は、クリスマスが大好きなので、
庭に、樅の木があると、いいなぁ~…と思います。

もうすぐ、クリスマスですね。

あっという間に、1年が終わりそう…。

急がなきゃ…急がなきゃ…♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーベル賞の益川先生のお話

NHKで、ノーベル賞を受賞された益川先生が
大学生に対して未来についてお話されていました。

その中で心に残ったことを、記します。

*************************

結婚相手を選ぶときに、
何の努力もせずに、あなたにとって特別な/完全な人が
現れるとしたら、それはアラビアンナイトの世界です。

そんなことは、決してありません。

自分の本当に探しているものを、
決断のないところで得ることはできません。

この人と結婚しよう…と決断して、
そこで努力することによって、相手の人が特別になります。

他と比べられない唯一の人になります。

*************************

先生は、結婚について話をなさった訳ではなくて
自分の目標の立て方についてお話をしたのです。

本当にやりたいことに出会うこと…
つまり、自分にとって完全なものが、存在することなどない。

ひとつの事を選ぶ決断をして、
それを完全なものにしていく努力をしなければならない。

深い話だと思いました。

選ぶときは、直感なのでしょう。

理由もなく、ただそれに魅かれたり、あこがれたりする
そんなことかもしれません。

それとも、自分にとって一番身近にあるものなのかもしれません。

こんなこともおっしゃっていました。

うまく行かないときには、うまく行かない理由を考える。
その原因がすぐに解決できないなら、
解決できる時期が来るまで、そこに置いておく。

けれども、しっかりと考えておけば
自分にとって必要なものがそばに来たときに
すぐに(他の人よりも早く)捕まえることができる。

真理は、どの分野にも通じるものですね。

熟考してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒーリングとリラクセーション

私は、ヒーラーという人に対して、
その人が本物のヒーラーなのか、それとも自称だけのヒーラーなのか、
時間をかけて、吟味することにしています。

本物かどうかの見分け方は、実際のところ、とても難しいのですが
人の評判だけでなく、最後は自分の直感を信じることだと思います。

ヒーリングとリラクセーションは似ているようで
限りなく遠い概念です。

自称ヒーラーの中には、リラクセーションを施すだけという人も
いるように思います。

リラクセーションは、とても気持ちが良いものです。
特に痛みも伴わずに、良い気持ちになって終わります。

けれども、本当のヒーリングは、居心地の悪さや、痛みも伴うのではないか…
そんな気持ちがします。

気持ちの良さではなくて、もっと深い部分の気づきに関わるようなもの。
そして、そのプロセスが続くようなものです。

実は、指を虫に刺されたのですが、
放っておいたら、化膿してしまって、病院に通っています。

これ以上化膿しないように、化膿止めをぬって
ガーゼを貼って、治療中です。

看護師さんに、『治るまでにどの位かかりますか?』…と聞いたら、
『それは、ひとそれぞれですよ…』と言われました。

私自身の治癒の力が試されているんだなぁ~…と思います。

全てが、自分の中に備わっている。
その事を忘れてはいけないのか…とも思います。

ぼんやりとしながら、こんなことを考えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミ捨て場の話

私の家の玄関の前に、
アパートのゴミ置き場があります。

そのアパートは、管理人さんが住んでいないので
ゴミの捨て方について、誰も気にかける人がいないのです。

緑色の網をかぶせないで、そのまま生ゴミを捨てていく人が
いるので、カラスや猫の餌場所になっていました。

あまりのひどさに、ご近所の人たちが代わる代わる掃除をしていました。
夫の母も、私も掃除をしていたのですが、
ついに清掃局に連絡をして、ゴミを見てもらうことにしました。

それが、昨年の春のこと。

半年くらいたったときに、
電柱に『決められた日以外にゴミを捨てると罰せられます!』という張り紙が
大きく貼られました。

けれども、依然としてゴミの勢いは留まらず ^^;
ついに、粗大ゴミのお布団や電化製品までも捨てられるようになりました。

どうなっていくのか…と、様子を見ていたのですが、
今日は、また、新しい張り紙があって、
『このゴミ捨て場は、しばらく調査対象になります』とありました。

いつになったら、このゴミ置き場が整頓されるのか…
どんな風に解決されていくのか…

何がどんな風に変れば、この場所がスッキリするのでしょう。

私の心の在り方が反映しているのかしら…なんて考えると、
ちょっと気が重くなりますが…(苦笑)

何だかすっきりせずに、しばらく心に引っかかっている未解決事項です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪のひきはじめ

妙に鼻がグスグスいうなぁ~…と思っていたら
背中がゾクゾクしてきて、どうやら風邪をひきそうな感じ。

夫が寒がりなので、夫がいるときにはガスストーブをつけますが
私ひとりのときには、なるべくエコ状態で頑張ります。
何を頑張るのか?! ^^;

首筋と足首を保温して、太ももを冷やさないように…
そして、身体の熱を保ちます。

昨日は寒かったのに、身体を温めずに寒いままでいたので
どうやら、何かが身体の中に入ってきたような感じなのです。

眠くて眠くて、いくらでも眠れるような状態で、
今日は、仕事がなかったのを、これ幸いと…
暖かくして、お昼から2時間くらい、お布団の中で休みました。

この幸せな気持ちは何だろう?…

風邪をひきそうなときは、自分に優しくしてあげなさい…という
メッセージを神様からもらったんだぁ~…
勝手にそんな解釈をしています(笑)

豚汁を作って、ご飯を軽く食べて、今日はもう寝ます♪

身体のメンテナンスの時期だと思って、
明日も少し自分のペースで、休み休み動くことにします。

皆様も、どうぞご自愛くださいますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼稚園で働いて感じていたこと

私が幼稚園の年長の先生をしていた時の話です。

ちょっとした実験のように、
長男長女・次男次女・混合と言う風に
3クラスが別れていました。

私が担当していたクラスは、次男次女クラスで
良い意味でも悪い意味でも伸び伸びして、
ちょっと羽目をはずすような子供たちが揃っていました。

例えば、
年長さんになると、ホールで大きい遊具を出して
大勢で遊べるようになるのですが、
何か問題が起こったときに、主任の先生が駆けつけると
長男長女クラスのメンバーは、責任をとるかのように
ちゃんと揃って怒られるのを待っている。

主任の先生いわく、
『先生のクラスの子供たちも遊んでいたようですが
私が行ったら、もう誰もいなかったですよ』

そうです… 次男次女は怒られないように、さぁ~っと逃げるのです。

彼らは、色々な意味で学んできた知恵があるので
そこは、すばしこいのです。

私は、そういうずるいやり方が嫌いなので、
『さっさと逃げるのは、ずるい。先生は、本当にがっかりした!
自分のやったことを、人になすりつけて逃げるのは、
人の道に反するのだよ!』…なんて、子供に向かって言ってました。

私が本気で怒ったから、真面目な顔をして聞いていたけれど、
実際のところ、子供たちに、伝わっていたのだろうか!(笑)

おおげんかをして、
(保育用語では、ぶつかりあい…と言うのですけれど)
『俺、あいつとはもう二度と遊ばない。
絶好だ!口もきかない!』と言って帰った子が
翌日になって、またその子と仲良く遊んでいる。

私も、可笑しいから、
『ねぇ…ねぇ… 昨日、もう二度と遊ばないって言ったよね』と言うと
『えっ!そんなこと言ったっけ?』なんて言ってケロリとしている。

一日一生懸命に遊んで、家に帰ってご飯を食べてグッスリ寝たら
今日あった嫌なことは、全部忘れてしまっている。

朝になったら、また真っ白なページが新しく始まっていく毎日。

子供のように、そんな毎日を生きられたら…と思います。

幼稚園で働いた時間は、
私の人生の中で、最高に素敵な年月だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハートが開く

最近、少々涙もろくなって、
ポロポロと良く涙がこぼれます。

もしかしたら、年をとって涙もろくなっただけなのか…とも思いますけれど。(笑)

今日も、夫が図書館に出かけた間に
洗濯と掃除をしていたのですが、掃除機をかけながら
突然ですが、【今、自分は生かされているなぁ~】なんて
思ったら、ポロポロと涙が流れました。

瞑想の先生は、
Keep your heart moist. あなたの心をカサカサにしないように!…と
繰り返しおっしゃっていますが、それは、ハートが開くことなのかな…と思います。

頭で計算して、思い通りのことが運んでいったときには
自分が頑張ったから…という思いが強いのですが
思いがけず、誰かの言葉や何かに出会って、助けられたときに
自分の力ではないものに感謝する謙虚さが生まれます。

そういうときには、
一気にハートが開いて、涙がこぼれます。

本当に謙虚な気持ちのときには、
人と自分を比べて自分を小さくするのではなくて
比べるもののない世界で、自分の身の丈のままで存在するのだ…と
思います。

ついこの間も、
久しぶりに囲碁のクラスに行って、友達と対局を始めたとたん
涙がこみあげてきました。

自分にとって、こんなに好きなものがあるなんて、
なんて幸せなんだろう…

学ぶことができる場所があるというのは、
なんて幸せなんだろう…

そんなことを思っていました。

電車に乗っていて、突然涙がでてしまって、困る事もありますが
涙が私の心を潤してくれているのだから、仕方ないか…と。

ザラザラした心にならないように、
色々な気持ちを感じられる自分でいたい…と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の好きなことで自立する。

友達から、メールをもらったら、
最後に【自分の好きなことで自立できるように頑張ろうね。】と
書いてありました。

いい言葉だなぁ~…と思いました。

好きな仕事をして、自立する…
本当に私はそうしたいんだなぁ~…と思いました。

インドに1年行って帰ってきたときに
新しく仕事を始めることが、大変に思えました。

1年もインドにいたので、
電車に乗ることも不自由だったし、
まだ両親が元気だったので、派遣の仕事をしながら、
しばらく自宅に住んでいました。

日本も裕福な時期で、時給1850円くらいを平気でもらっていました。

そんなときに、瞑想の先生に手紙を書きました。

もう一度、インドに行きたい。
今度は、インドで仕事をしながら滞在したい。

先生からは、こんな風に手紙がきました。

今の自分いる場所で、精神的、経済的に、自立すること。
インドで暮らす事は、そんなに楽なことではありません。

そうなんだ…と思いました。

今の自分の場所で、自立することが、私に対する先生の
言いつけなんだ…と。

それから、しばらくたって、正社員の仕事を失ったときに
(結婚した年ですが…)自分を取り戻すために、
10日間だけ、インドの瞑想の道場に行きました。

そこには、ヨガ哲学の学校があるのですが、
ちょうどインド人の大学の先生の秘書を探しているという話があって
1度帰国してから、インドに戻ってきたらどうですか…と言われました。

日本に帰ってみたら、今の夫との出会いがあって、
結局インドで仕事をすることはありませんでした。

今、振返ってみると、
瞑想の先生の言いつけは、一生のものなのだ…と思います。

独身でいても、結婚しても
今、この場所で、精神的、経済的に自立すること。

本当に自立できているかどうか、怪しいものですが(笑)
でも、そのことを忘れずに働こうと思います。

友達のメールの中に、先生の言葉が生きているのだ…
先生がメッセージを送ってくださっているのだ…と思って、
先生の言いつけを守る為に、頑張ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のラジオ体操のこと

今日は、一日中何もしないで、ゴロゴロとして過ごしました。

たったひとつの活動がラジオ体操でした!

朝、夫が先に目覚めて、それに釣られて、起きて直ぐだったのですが、
一緒にラジオ体操に出かけてきました。

ラジオ体操に来ているのは、
だいたい70代から上くらいの人たちなので、
毎回、メンバーは一緒です。

自分のお気に入りの場所があるようで
いつも同じ場所で体操をしています。

私は、お年寄りに話しかけられやすいタイプなので
冷たいようですが、毎回違った場所で体操をするようにしています。

一度、ちょっと話を聞いたら、
全然知らない人に、長い時間身の上話をされて
本当に困惑したことがあるからです。

自分の状況や、人間関係について
こんなに簡単に話してしまって、良いのだろうか?

危険なことは無いのだろうか?

詐欺にひっかかりはしないだろうか?

…などと考えたら、ラジオ体操の気持ちになれず
ちょっと考えてしまったことがあります。

体操に来ているというよりも
誰かと話したい…と思って来ている人が多いようです。

一人ぼっちで住んでいる人が
ラジオ体操に来て、ちょっと話をして帰っていく。

昔なら、ご近所のお付き合いがあったでしょうに…
ちょっと淋しい気持ちがします。

けれども、そんな風に誰かと関わりたい…と思っているなら
大丈夫かもしれない…とも思います。

今、自分のいる場所で、
人間関係をどんな風に作っていくのか…
私も、地域とつながる方法を、これから考えていかなければ…
そんなことを思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »