« ラベンダーで足浴 | トップページ | 痛みの無い心と身体 »

大記録の壁

今朝、関口さんが司会しているTVを見ていたら
【白鳳が69連勝の壁を破れなかった】という話題から、
【大記録の壁】という話をしていました。

とても面白かったので、思い出しながら書いてみます。

人間は、人ができないことは自分もできないと考える。
つまり、自分の価値を下げてしまう/ディスカウント/のだ…と。

実際は、自分が最大限にやっていると思っていても、
2~3割の力は残っているものです。

そんなことを大学の先生がおっしゃていました。

100メートル走の話の中で、
10秒の壁は何十年もの間破れなかったのに、
9秒9が出たら、あとはあっという間に差が縮まったことも、
例に出ていました。

大記録を誰かが破ると、
(誰もが出来ないと思っていることを、ある人ができてしまうと)
集団催眠から覚めるように、【たが】あるいは【枠】がはずれるのだ…と。

この話を聞いているときに、ひとつのコメントが心に残りました。
(実際の言葉通りではありませんが…)

人の枠をはずすことが、教育なのではないのか…ということ。

【可能性を開く】という言葉を人を育てる中でよく聞きますが、
それは【枠をはずす】ことでもあるのかもしれません。

まわりの人ができる…とか人ができない…という基準が
自分に枠を作り、可能性を狭めるとしたら、本当に恐ろしい。

自分をまっすぐに見て、自分の力を信じる気持ちを
どう育てていくか…

難しいけれど、大切に心に留めて、じっくり考えてみたいと思います。

|

« ラベンダーで足浴 | トップページ | 痛みの無い心と身体 »

心に残る言葉たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208759/50094787

この記事へのトラックバック一覧です: 大記録の壁:

« ラベンダーで足浴 | トップページ | 痛みの無い心と身体 »