« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

「今日考えたこと」

「今日考えたこと」の95%は、昨日も一昨日も考えている

古本屋さんで、見つけた本の中に書いてあった言葉です。
本の題名は「脳にいいことだけをやりなさい」マーシー・シャイモフ著

色々と面白い話が書いてあったのですが、
中でもこの言葉が、心にズッシリと響きました。

「今日考えたこと」の95%は、昨日も一昨日も考えている

夜寝る前に瞑想をすると、本当にそうだなぁ~…と思います。

昼間は忘れていたのに、
昨日の夜に考えたことが、まだ頭の中に残っていて
前に日と同じようにグルグルと巡ります。

ほんの少しだけ、薄まっているような気がしますが、
それが完全に無くなるには、別の考えを壁を塗るようにして
塗り替える必要があるのだ…と思っていました。

もしかしたら、20歳のころに考えたことも、
まだ考えているとしたら、どうなんでしょうね。

なんだか、まだ考えているような気がしてきます。

幼稚園の先生をしたときに、良く子ども達がこう言ってました。
「いいコト、考えたぁ~!」 そして、ニコニコして教えてくれました。

今日、いいコトを考える癖ができたら、
明日とあさっての考えていることが変ってくるかもしれませんね。

いいコト、考えよう…新しい明日がやってくるかもしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せな人のそばにいられる幸せ

3月12日に、九州全土をつないだ九州新幹線が開通しました。

そのTV CMを見ていたら、
心の奥から幸せな気持ちがプクプクと泡のように浮かんできました。

嬉しくて飛び跳ねている人たちを、繰り返し繰り返し見ました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、シェアします。

九州新幹線開通記念のCMです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れをせき止めるもの

今日は、、岐阜から妹が実家の母のお見舞いに来ています。

妹が話してくれたこと。

「睦おねえちゃんも、昔、聞いているはずだよ…」と言われても、
まるっきり覚えていないのですが、とても良い話だったので
シェアします。

「イライラしたり、嫌な感じがあるときには、必ず最初に何かがあるんだよ。
川にほんの小さなものがひっかって、流れが滞ることがあるでしょう。
最初は、本当に小さいものがひっかかっているんだよ。
それに気がついて、取ることができれば、川はまた流れていくんだよ。」

深いなぁ~…と、思わずため息です。
最近の妹の言葉は、なかなか凄いものがあります。(笑)

私はFlowという言葉、好きで良く使います。
流れのままに…ということです。

何も考えずに、自然に物ごとが流れていくときには
心にひっかかりがありません。

誰に対しても、優しい思いやりのある気持ちで対面して
自分のコアからはずれていません。

でも、ほんのちょっとしたこと…
本当に些細なことで、簡単に流れている川に滞りができます。

今、自分がイライラしたり、人に八つ当たりしたくなったら
その一番最初の原因を考えてみると、たいしたことではないかもしれない。

負の連鎖を止めることができるかもしれない。

注意深くいようと思います。

ちなみに、私の妹はクックパッドでブログ(senさんのキッチン)をしています。
弁当やら簡単にできるおかずを写真入りで紹介しています。
なかなか役にたつと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害時にできること 5.家事セラピストとして

物資の買いだめや、インターネットのチェーンメールが起こり、
普段通りに暮らしていくことが、とても難しくなっていると感じます。

毎日の暮らしを循環させるときに、あわてず騒がず普通でいることが
本当に大切だ…と思います。

少しでも節電しようと思って、ほうきとチリトリで掃除して
台所の油はねがある床を重曹で水拭きしています。

昔は、こんな風に誰もが掃除をしていたなぁ~…と思います。

私の母は、障子のさんを、ハタキでバサバサと叩きながら
唄を歌っていました。

幼稚園の頃の私が覚えている風景です。

湯たんぽのお湯を使って顔を洗ったり、
お風呂も毎日のように沸かすことがなかった。

スーパーのレジ袋は捨てないで、
汚れたら洗って干して何度も使いました。

今、ちょっと工夫して何かできるといいなぁ~…と
考えています。

家にいる時間が増えたので、そんな毎日を送っています。

日本赤十字社へ義援金・救援金を送る方法
私はこちらを利用しました。
郵便局の窓口で、送料は無料でした。
わずかで申し訳ないけれど、何かの役にたてると嬉しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害時にできること 4.何をしたらいいんだろう?

私の瞑想の先生がおっしゃっていた言葉です。

【人を助けることは素晴らしい。
けれど、それが出来ないなら、せめて自分が人に迷惑をかけないようにしなさい。】

今、いろいろな場所で、沢山のことが求められていますね。
災害地では、沢山の支援が必要とされていて、足りないものばかりです。

東京に住んでいて、東北の方に比べれば
大変さでは比較できないはずなのに、あの余震を体験すると
もう以前とは同じ気持ちではいられません。

何もできない自分に対して、自分の力の小さい事を感じて、
気持ちはどんどん暗くなっていきます。

知らない間に、厳しい表情になってしまいますが、
知らない人でも、目が合ったら微笑むことをしよう…と思います。

自分で平和な気持ちを持ち続ける努力をすること。
そして、なるべく人に迷惑をかけないこと。

できることは小さいかもしれないけど、何かしていたいと思います。

少しだけですが、義援金を東北のみなさまに捧げます。
そして、節電も努めます。

わずかなことですが、
自分のために、できることをしようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

災害時にできること 3.識別すること discrimination

自分の内側に入って呼吸をすると、マインドが落ちついてきますね。

マインドと心がひとつになって、次に行うのは【識別すること】です。

例えば、今見ているTVは自分にとって必要かどうか…
見続けることで、マインドと心の両方に良い情報が与えられるか…

そして、それが自分にとっての良い効果となるかどうか。

見ること、聞くことなど、五感を広げっぱなしにしないで、
ひとつひとつ識別していくこと。

それが、心の平和につながります。

私も、TVを見ます。でも、今は本当に丁寧に情報を識別します。

くれぐれも、心と身体を大切に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害時にできること 2.深呼吸の次にすること

深呼吸をして気持ちが落ち着いたら
少しの間だけ、外からの情報を絶ってみます。

目を閉じて、呼吸が出たり入ったりすることを意識します。

息を吸うときと、息を吐くときに、少しだけ隙間ができるでしょ。

そこに自分の気持ちの焦点を合わせます。

いろいろな考えが浮かんできて、気持ちが落ち着かないようなら
マインド(頭の働き)に対して、
『今は、静かに呼吸したいから、考えるのをやめてください。
後で、考える時間を作るからね…』と、言い聞かせてみてください。

マインド(頭の働き)が、今することは、
状況に対する批判と判断だけだという事を知っていてください。

私たちが今欲しいものは、批判でも判断でもなく
平和な静かな心なのだ…ということを、
マインド(頭の働き)に伝えてください。

そして、マインドと親友になってください。
マインドは、望む方法ではないかもしれないけれど、
今の私たちを守ろうとしてくれているのですから。

心で感じること、直感を大切にして、今日一日を過ごしましょう。

皆様の心が平和でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害時にできること 1.深呼吸をしよう

地震で大変な被害にあわれている皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

私の事を話すのは、申し訳ないのですが、
一番気がかりだった実家の母は、偶然、地震前日から病院に入院していて
部屋に一人でいることがなかったので、ホッとしています。

お陰さまで、私の家族は、みな無事に過ごしています。

私は、今、沢山着こんで明るい外の光を部屋の中に入れて
パソコンに向かっています。

本当は、節電のために、パソコンを使うことも気がひけるのですが
皆様に伝えたいことがあって、久しぶりにブログを書きます。

こんなときには、どうぞ深呼吸をしてください。

座ってではなくて、立ち上がって大きく腕をまわして…
そして、もし周りに迷惑がかからなければ、大きい声をだして…。

心配ごとが、心から去らないとき、
余震を感じたときには、すぐに、何度でも深呼吸してください。

肩をまわすのも、とても役にたちます。
深呼吸しながら、肩をまわしてください。

何度でも、何度でも、繰り返し深呼吸をしましょう!

どうぞ、今のご自分を大切に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »