お気に入りの本

「クマのプーさん」

TVのニュースを見ていたら、『クマのプーさん』を翻訳された
石井桃子さんが101歳でお亡くなりになったという話題がありました。

久しぶりに本棚から『クマのプーさん』の本を取り出して
奥付をみると、昭和37年11月27日 第一刷発行Ⓒ
昭和39年8月15日 第六刷発行…とありました。

この本は、私が子供の頃に、
いとこの淳子お姉さんがプレゼントしてくれたものです。

それから、ずいぶん長い間、プーさんが大好きでした。

クリストファー・ロビンが、『ばっかな、くまのやつ!』
…って言うのが、お気に入り。

コブタがすみれの花の香りを嗅いでいる挿絵がお気に入り。

初めて英語の本を買ったのも、『クマのプーさん』。
この本で英語を勉強したようなものです。

大人になってイギリスに行ったときにも、
プーさんの本を朗読しているレコードを買ってきました。
まだ大切に、棚にしまってあります。

ディズニーランドに行くと、プーさんのハニーハントに
つい乗ってしまうのも、ちょっと恥ずかしいけど…(笑)

いつになっても、プーさんは私の大切な友達だと思います。

今日の1枚。
080401_013

りえさんが教えてくれたんですけど… 

木の幹から直接花が咲いています。
『ど根性桜』というそうです。

結構 目立ってますね…

でも可愛いからいいかぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)