心に残る言葉たち

谷川俊太郎さんの詩「ぼく」から

Img_0439_2

写真の中にある男の子の若さ、強さ、しなやかさ… 

今の私に無いように見えても、確実に私の中にあるもの。

 

なにか見えそうで見えない、分かりそうで分からない。

それは、まったくのところ、居心地が悪いのですけれど、

この頼りなさは、子どもの頃の気持ちに似ています。

何が成長していくのか…

自分を信頼して、新しい自分を育てています。

***************

ぼく

 

ぼくはこどもじゃない

ぼくはぼくだ

ぼくはおとなじゃない

ぼくはぼくだ

ぼくはきみじゃない

ぼくはぼくだ

だれがきめたのかしらないが

ぼくはうまれたときからぼくだ

だからこれからも

ぼくはぼくをやっていく

ぼくはぜったいにぼくだから

なんにでもなれる

エイリアンにだってなれる

 

ちいさなかがやき 長谷洋海(写真)谷川俊太郎(詩)

 

******

 

続きを読む "谷川俊太郎さんの詩「ぼく」から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸内寂聴さんにお会いして思ったこと

9/15に、京都にある寂庵で【瀬戸内寂聴さん】にお会いしました。

寂庵の小さいホールにギッシリと座って、ギュウギュウになって、
小さい身体の寂聴さんから豪快な話を聞きました。

私は前から3番目の列に座ったのですが、
話の間中、寂聴さんのキラキラした目に魅了されました。
繰り返して会いにいらっしゃる方がいるのでしょうけれど、
私は、たぶん、もうお目にかかることはないと思います。
一度だけで十分な出会いでした。こんな出会いは初めてでした。

寂聴さんは、いつも戦いの中にいるようです。
カソリックの修道女の持つ静かな大気ではなくて、
常に厳しい修行の中で、自分を極めてきた強い大気。
人を緊張させるような荒々しい大気。
良いことと悪いことがはっきりとしていて、
人がどう思おうと自分の価値を信じて生きていらっしゃった方。
91歳になられた今でも、イキイキと生きて、か
らだ中から喜びを発散していらっしゃる…そんな風に思いました。

前日は原稿を書いていて、ほとんど寝ていないと言いながら、
それでも「朝8時に出来上がったのよ。
勿論皆さんには分かってもらえないと思うけど、
分かってもらえないくらいうれしいの。
今日は傑作が書けた…って思うの。
明日になったら、そう思えなくなるけど…」と、
子どものようなはずんだ声でキラキラした目でお話をなさいました。

最後に、何か質問を?…と聞かれて、最初の方が質問された後で、
私も二番目に勢いよく「はい!」と手をあげました。
たくさんの方が手を挙げたのですが、寂聴さんは私を指してくださいました。

私の質問は
「どうしたら、生涯現役で仕事をすることができますか?」ということでした。
すると寂聴さんは、とても怖い顔をして「あなたは何をしているの?」と、
私に聞きました。

私はその瞬間に(仕事の内容を答えればよかったのに)何も言えなくなって、
黙って寂聴さんの顔をじっと見ていました。
寂聴さんも、心の底を見通すような怖い顔をして、私をじっと見ていました。

私は、ようやく「笑顔になることなら、なんでも…」と小さい声で言いました。
自分が小さい子どもになったような気持ちがしました。
すると、寂聴さんはニコッとして「そうね…一日1回笑いましょう。
幸せは笑顔が好き。笑顔でいましょう。
それが人生で一番大事!」とおっしゃいました。
ずいぶん長いこといろいろな話をしてくださったのに、
私はその内容をちゃんと覚えられなくて、
でも、寂聴さんの声から力を頂きました。

「そうそう…頑張りなさい。それはとても良いこと…」という声が
内側で響いていました。
 

寂聴さんと向かい合って、
寂聴さんと無言で見つめあった体験は一生忘れないと思います。
「あなたは何をしているの?」という声は、私のからだに染みついてしまって、
帰りの道すがら何度も何度も繰り返し聞こえてきました。

寂聴さんのエネルギーは強くて
「警策」

で背中を叩かれたように
背中にエネルギーを注入されました。

一生熟考するためのギフトを頂きました。
これから、寂聴さんに頂いた強さを私の強さに育てていこうと思います。

これから、あたらしく人生を組み替えていこうと思います。

130915_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレヨンしんちゃん

自分が人からどう思われているのか、
本当のことはよくわからないし、
よっぽどのことが無い限り、誰も言ってくれません。

会社に勤めて、自分なりに良い仕事をして
人から良い評価を受けたいと痛切に願っていた頃、
コーチングと出会い、WSに参加しました。

そのときに、本当の自分について
私に対してある人が言ってくれたなかに
「あなたの本質はクレヨンしんちゃんだ!」という言葉がありました。

本当は「クレヨンしんちゃん」なのに、違う人を生きている。

そのときに、周りにいた人が
みんな「本当にそう思う!」と言いました。

その頃の私は、
長い髪をシニヨンにして、おでこを出して
8センチのハイヒールを履いていました。

お化粧も、ちゃんとしていたし、香水もつけていました。

でも、1か月後には、髪を切って、
部分的に(少しだけ)オレンジ色に染めて、
赤いドライビングシューズを履いて会社に行ってました。

今日は、いろいろなことを考えた日でした。

私は本当は、クレヨンしんちゃんだったなぁ…って。
そんなことを思い出していました。

もしかしたら、また少しずつ、つまらなく常識的になって
クレヨンしんちゃんから外れてきているのかもしれない。

明日から、また「クレヨンしんちゃん」でいようと思います。

久しぶりに
クレヨンしんちゃんの映画のDVD借りに行って来よう…

今日は、そんなことを思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナット・キング・コール、大好き♪

偶然、ナット・キング・コールの歌を聴いて、
その甘い声に魅かれました。

アンフォゲッタブル、スマイル、モナリサ…が入ったCDを
図書館でさっそく借りました。

なかでも、スマイルは何度聞いて心がゆるみます。

「ただ微笑みさえすれば、人生はまだ捨てたもんじゃないって
分かるよ…」って。

本当に、そうですね。
心の中に、熱くて静かで優しい気持ちがうまれる。

彼の声を聞くたびにそう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツコが話していたユーミンの言葉。

TVを観ていたら、マツコが昨年で一番嬉しかったことを
話していました。

マツコはユーミンが大好きだったのだけれど、
ユーミンとキャンティで初めて食事をしたのだそうです。

そこで、ユーミンは、マツコに痩せちゃいけない…
今のままが一番良い…って言ってくれたのだそうです。

でも、病気になってはだめよ!…って。

私も同じ考えなので、やっぱり、ユーミン大好き!…と
思いました。

痩せていて重くてドンヨリしている人がいるし、
太っていても軽やかですっきりした人がいる。

その違いはなんだろう…と思います。

太っていることも、痩せていることも
今のその人の大切な『…らしさ』なのだから、
大事にしたいと思います。

そして、変わりたい…と思って変わるのなら、
そのことだってもの凄~く良いと思います。

頭と心が一致すると、人の身体は変わるし
そういう人を今までたくさん見てきましたから。

でも、今この瞬間、自分の重さや鈍さは
身体が太っていることや痩せていることとは
もしかしたら、違うことかもしれない…とも思います。

森久美子さん、ふくよかですが、いつ拝見しても
軽やかですっきりしています。素敵な方ですね。

自分の中のエネルギーの使い方に心を配って、
軽やかな姿で過ごしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thank you と Good job ということ

NHKのグランジュテという番組で、
林恵子さんの巣立ちプロジェクトという活動を観ました。

施設にいる子供たちが、自立するための援助をしている方です。

子供に足りないものを与える…という視点で活動していたときには
うまくゆかなかったのだけれど、子供が本当にやりたいという気持ちを
ひきだすという視点に変えたら、どんどん広がってきたという話が
心に残りました。

何かが足りなくても、そこに希望があれば必ず足りる方向へ
自分が動いていくということか…と思いました。

WSの最後に、参加者の一人一人がTHANK YOUカードを書いて
渡すのだそうです。

そのカードには、Thank you!と Good job!のことばだけを
書くということ。

相手の良いところを一生懸命に探す練習です…と
林さんがおっしゃっていました。

沢山のカードをもらって、カードホルダーに収めている男の子が
映っていました。

励ましと有難うの言葉をあんなにもらったら嬉しいだろうなぁ!

目の前の人に足りないものを見るのではなくて、
その人が持っているものに目を向ける練習をすると、
自分の中に晴れ晴れとした気持ちがきっと続きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼稚園の先生

私が3歳のときに担任をしてくださった幼稚園の先生が
体調を崩されたと伺い、お見舞いに行きました。

私が伺った翌日に、先生は天に召されたので、
最後にお会いしてお話ができたことが奇跡のように思います。

先生は、私の3歳の頃のことをよく覚えていてくださいました。

「むつみちゃんは、本当に可愛かったのよ。
いつでも泣いてばかりいたから、私が抱っこして
オルガンを弾いて歌を歌ったのよ」

「むつみちゃんのお母さんは、あなたのことが心配になると
私のところによく相談に来ていたのよ」

…などと、ひとしきり私の小さいころのことを
懐かしそうにお話してくださって、私は少しだけ泣きながら、
笑顔で先生の声を聞いていました。

あまり長い時間、病室にいるとお疲れになると思ったので、
「先生、握手してください」とお願いしたら、
私の手を強く握って、こう言いました。

「働きものの手をしているわ」って。

3歳の頃の私は、何度も先生に手をつないでもらって
悲しいときにはたくさん慰めてもらって、
ひとりぼっちにならないでいたんだなぁ~…って想いながら、
病院からの道を歩きました。

私は怠け者なのに、働き者と言ってくださった先生に
嘘をつかないように、働き者でいようと思います。

先生からの最後の励ましの言葉を大切にしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーミンのコンサートツアー【ROAD SHOW】

本当に久しぶりの更新です。

神奈川県民ホールで開催された
ユーミンのコンサート【ROAD SHOW】に行きました。

去年はコンサートが無かったので、本当に久しぶり。
2年ぶりのユーミンでした。

最近のユーミンは、少し元気がなかったのですが
今回のステージは、昔ながらのユーミンに戻っていて
本当に嬉しかった。

舞台で、何回もクルクルクルクル廻って歌って踊っていました。

ユーミンの曲を聞くと、昔の自分を思い出します。
突然古いアルバムの1曲が流れると、
その曲を聞いていた頃の自分が現れます。

アンコールで
ユーミンと一緒に【やさしさに包まれたなら】を
歌いながら、ホロホロと涙が流れました。

ユーミンと一緒に青春を過ごしたことに、
そしてこれからも一緒に年を重ねることに、本当に感謝です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「今日考えたこと」

「今日考えたこと」の95%は、昨日も一昨日も考えている

古本屋さんで、見つけた本の中に書いてあった言葉です。
本の題名は「脳にいいことだけをやりなさい」マーシー・シャイモフ著

色々と面白い話が書いてあったのですが、
中でもこの言葉が、心にズッシリと響きました。

「今日考えたこと」の95%は、昨日も一昨日も考えている

夜寝る前に瞑想をすると、本当にそうだなぁ~…と思います。

昼間は忘れていたのに、
昨日の夜に考えたことが、まだ頭の中に残っていて
前に日と同じようにグルグルと巡ります。

ほんの少しだけ、薄まっているような気がしますが、
それが完全に無くなるには、別の考えを壁を塗るようにして
塗り替える必要があるのだ…と思っていました。

もしかしたら、20歳のころに考えたことも、
まだ考えているとしたら、どうなんでしょうね。

なんだか、まだ考えているような気がしてきます。

幼稚園の先生をしたときに、良く子ども達がこう言ってました。
「いいコト、考えたぁ~!」 そして、ニコニコして教えてくれました。

今日、いいコトを考える癖ができたら、
明日とあさっての考えていることが変ってくるかもしれませんね。

いいコト、考えよう…新しい明日がやってくるかもしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れをせき止めるもの

今日は、、岐阜から妹が実家の母のお見舞いに来ています。

妹が話してくれたこと。

「睦おねえちゃんも、昔、聞いているはずだよ…」と言われても、
まるっきり覚えていないのですが、とても良い話だったので
シェアします。

「イライラしたり、嫌な感じがあるときには、必ず最初に何かがあるんだよ。
川にほんの小さなものがひっかって、流れが滞ることがあるでしょう。
最初は、本当に小さいものがひっかかっているんだよ。
それに気がついて、取ることができれば、川はまた流れていくんだよ。」

深いなぁ~…と、思わずため息です。
最近の妹の言葉は、なかなか凄いものがあります。(笑)

私はFlowという言葉、好きで良く使います。
流れのままに…ということです。

何も考えずに、自然に物ごとが流れていくときには
心にひっかかりがありません。

誰に対しても、優しい思いやりのある気持ちで対面して
自分のコアからはずれていません。

でも、ほんのちょっとしたこと…
本当に些細なことで、簡単に流れている川に滞りができます。

今、自分がイライラしたり、人に八つ当たりしたくなったら
その一番最初の原因を考えてみると、たいしたことではないかもしれない。

負の連鎖を止めることができるかもしれない。

注意深くいようと思います。

ちなみに、私の妹はクックパッドでブログ(senさんのキッチン)をしています。
弁当やら簡単にできるおかずを写真入りで紹介しています。
なかなか役にたつと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)