囲碁

6/30 今日のすっきり!(こころのこと-囲碁クラス)

最寄駅のそばの囲碁クラスに、週に1度だけ通っています。
仕事があると休んだりするので、あまり良い生徒ではありません。

最近、夫が入ってきて、なんだか変な様子になってきました。

少人数なので、私の行動が気になるらしく
今日も、「先生に対する口のきき方がおかしい…」と帰ってからお説教。

私より強いのに「あなたは私よりも上手だから~…」などと言って
黒石ばかり選んで打つ相手の人に対して、
「たまには、私も黒石を持ちたいなぁ~」と言ったら
「黒と白を持つのは確立の問題だから、そんなことを言うべきではない!」とか。

私の父は、私に対して、こんな細かいことを言う人ではなかったのですが
たぶん口うるさいお父さんって、こんな感じなんだろうなぁ~と思っています。

でも、何を言われても、
私は自分のスタイルを変えるつもりは、絶対にありません。
私らしく、囲碁を続けるつもりです。

囲碁は、一生続けていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

囲碁 勝ち負けを超えた心

囲碁教室で、囲碁を打ってきました。今日は、19路盤です。

こちらは万波佳奈先生と王唯任先生の若者クラス。
私は年齢では、夫の次に年長者です。^^;

囲碁は、2年前に始めたのですが、過去2回だけ打つのが辛くなりました。
最初は、人間関係で…。
2度目は、負けることが辛いという心の弱さから…。

そのたびに、先生に気持ちを救って頂き、止めずに続けられています。

負け続けているときに頂いた王唯任先生、万波佳奈先生、
梅沢由香里先生の言葉は、心にしみました。

万波佳奈先生は、本当にポジティブで誉めて伸ばすタイプの先生。
『むつみさん、上手になってますよぉ~…』と、良いところを見つけて
折れた心を優しくつないでくださる先生。

王唯任先生は、囲碁をうつ目的を思い出させてくださる先生。
『囲碁は楽しく打つことが大事ですよ…』と、繰り返しおっしゃいます。
私が囲碁を続けてきたのは、楽しいから…。楽しければ、続けられるということ。
いつも初心に戻ります。

梅沢由香里先生は、優しい中に厳しさがあり、囲碁に対する姿勢を教えて下さる先生。
『むつみさん、結果ではなくて、毎回何かひとつでも新しく学ぶことですよ…』
そうおっしゃいます。
対局に負けたとしても、そこで何を学んだのか、間違えたことを理解しているか、
次に今回の負けをどう生かすのか…ということなのだと思います。

囲碁のプロになる方は、本当に厳しい修行をしてこられた方ばかり。
私のつらい気持ちをどこかで経験しているんだ…そんな風に思いました。

さて… 今日は、黒3子を置いて、私が白で対戦でした。
結果は10目負けでしたが、隅で生きることができました。

いつもなら、取られてしまうところなのに、生きることができたぁ~…。
負けたのに、何故か、とても嬉しい気持ちでした。

ことしは、毎日囲碁の勉強を続けています。
継続は力なり…という言葉を信じて、今年こそ昇級したいなぁ~…と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

囲碁 13路盤を学ぶ

家から歩いていける場所で、シニア囲碁サークルを立ち上げました。
月に2度の予定で12名という少ない人数です。

昨年、近所の区民センターで、入門クラスを体験したのですが、
その時の皆さんと一緒に、せっかくなので続けましょう…というわけです。

近くの老人ホームの和室を無料でお借りしていますが、
19路盤も置いてあり、とても良い雰囲気です。

老人ホームということで、60才以上しか使用できないのですが、
私と先生は、皆さんの付き添いという名目で許されたのだそうです。(笑)

今は仕事をリタイアなさっている方がほとんどですが、
学ぶことにとても熱心で、元気な先輩方ばかりです。

宇根川万里江先生という若くて熱心な先生にご指導頂いていますが、
宇根川先生は、9路盤と13路盤についての指導書を出されています。

私のように、基礎がしっかりしていない人にとっては、
13路盤で勉強することが良いと思っています。

3面打ちの指導碁の後、2回対局しました。

とても楽しかったです! ことしは、囲碁を頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グレイゾーンにある気持ち

あまり勉強しないので、一向に囲碁が上達しません。

最近ず~っと、対局しても、負けてばかりです。

先生に『気持ちで負けてしまうと、絶対に勝てませんよ!』と言われて
本当にそうだなぁ~…と思います。

平常心でいること、相手が強くても自分が小さくならないこと…
囲碁をうつときには、本当に大事なことです。
(囲碁だけではありませんね… 人生全部ですね)

囲碁は、もちろん勝った方が嬉しいのですが、
負けている自分のことを冷静に観察してみると、それはそれで、
今は、大きい学びがあるような気がします。

本当に、本気で勝ちをとりに行こうとしていたら、
もっともっと勉強するのだろうに、今のままでも良いと思う
怠け者の自分がいます。

本当に負けて悔しいなら、勉強するのに
どこかで自分の力を小さく見積もっているような感じです。

本気…という気持ちが、だんだん薄くなっているので、
今の私には、今、ここで、自分がしていることに本気を出すということが、
もしかしたら大事なのかもしれません。

先日、囲碁クラスに小学生の男の子がお父さんに連れられてやって来ました。
対戦相手の大人に本気を出されて、(本気で打つ大人の彼も素晴らしい!)
負けて悔しくて、泣いて、途中で囲碁がうてなくなりました。

夫は、たとえ子どもだって最後まで打つことが大事なのに、
途中でやめてしまってまずいなぁ…と厳しいことを言っていましたが、
私はちょっとうらやましい気持ちになりました。

そんな風に真剣に向かい合う事を忘れてしまった自分のことを
考えました。

彼のように、負けて悔しくて泣いて、頑張る気持ちが、
今の私には足りないなぁ~…と思いました。

毎日寝る前に、少しでも囲碁の勉強をしてから寝る事にします。
頑張る気持ちを、取り戻そうと思います。

今日で、弱虫の自分は卒業です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅沢由香里先生に教えて頂いたこと

今日は、午後から六本木ヒルズで行われた
【囲碁フェスティバル2010】に行きました。

新宿教室で一緒に学んでいる仲間がたくさん来ていて
嬉しかったです♪

入門教室で、9路盤の梅沢由香里先生の説明を聞いていたら、
【幸せがあります】と言ってらして、
そうそう…私のノートにも【幸せがあります】って書いてくださったなぁ~
…なんて、思い出しました。

素敵な言葉でしょう♪

私は、由香里先生に入門のご指導をいただいたのですが
囲碁のルールがまるで分からなくて、A4版で配られた問題も解けず(涙)
クラスの落ちこぼれでした。

それを見るにみかねた由香里先生が、私のノートに沢山問題を書いてくださって
【幸せがあります】とポイントごとに説明してくださったという訳です。

囲碁をうつことの中に、幸せがあるんだ…って、また思いました。

囲碁が趣味なんて、ちょっとおこがましいですけど、
でも、細く長~く続けて上手になりたいなぁ~…と思います。
寝る前に、少しだけ死活の勉強をしようと思います。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

囲碁の楽しさ

7月から、囲碁教室に通っています。

去年の4月に始めて、途中で事情があっていけなくなりましたが
また、再開しました。

今は、万波佳奈先生と王唯任先生に、教えていただいています。

昨日は、クラスの後で、3ヶ月コースの打ち上げということで
居酒屋で飲み会でした。

そこで、メンバーや先生と色々なことを話しました。
すごく楽しかったです♪

囲碁を打つのは、コミュニケーションだと思っているので、
勝つことだけが目的の人と囲碁を打つのは、
あまり楽しくありません。

終わったあとで、お互いに自分が相手からどんなことを学んだか…を
話しているときに、自分のことが良く分かったりします。
そして、相手の方のことも分かって、親しくなることも多いです。

本当に、囲碁は自分とのコミュニケーションだと思います。
囲碁を打っているときに自分の気持ちと向き合って、
自分と対話している…という不思議な時間です。

10月から、また3ヶ月コースに通います。

実は、このクラスには夫も一緒に通っています。
昨日は6回目の結婚記念日でした。
囲碁仲間と一緒で、楽しい思い出作りができました。

今は、夫の方が級位が上ですが、絶対に夫よりも上手になります!
…そう言ったら、王先生に勉強してね…といわれました。

はい! 先生! これから頑張りま~す♪

久しぶりに今日の一枚。

100917_2 佳奈先生に打って頂いた
指導碁。
6人に対して、
先生がグルグルと
回りながら打っていきます。

6目置いて、
私が15目負けました。

黒で囲われているところが、
私の地です。

右隅に地ができました。

端の打ち方で、ひとつ大きい学びがありました。

ゆっくり楽しみながら、上手になりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)