瞑想の先生から教えて頂いたこと

6/24 今日のすっきり!(クリスタルクリア-先生のお誕生日)

今日は、瞑想の先生のお誕生日です。

120624

先生が元気でいらっしゃるように、お誕生日のケーキを
用意して、ろうそくをたてて、一人でお祝いしました。

夫は黙って私のしていることを見ていましたが
しっかり、半分食べました(笑)

私は、瞑想の先生からたくさんのことを学びましたが
まったく身についていないことばかりで、ガッカリします。

もう8年以上お会いしていないのですが、
何か決めなけれならないことがあるときは
先生なら、どうなさるかなぁ~と思います。

「迷ったら、愛のある方へ進みなさい」…という言葉が
心に残っています。

愛のある方に進んでいるのかどうか、
全く自信がありませんが、少しでもそうなるように
努力したいと思います。

明日も良い日になりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語を使って生活すること

ヨガの道場にいたときは、英語で生活していました。

一人ひとりに仕事が与えられ、瞑想やハタヨガの時間以外は
その仕事をしながら瞑想の体験を深めていくものでした。

私は、たいてい2つの仕事を与えられていて
ひとつは英語の通訳と翻訳・もうひとつはカフェテリアで働く事でした。

カフェテリアは、様々な国の人がいて、肉体労働が主なのですが
食べ物を扱うのでその準備や片付けなど、大声で叫びあうような場所でした。

瞑想の道場なのに…です。(笑)

私たち(英語が母国語ではない人たち)は、
思いをこめて、ひそかにBattle field (戦場)と呼んでいました。

冷静なときには、適切な言葉がでてくるのですが、
忙しくなって自分の中心からはずれると、簡単な言葉でさえ言えなくなる事が
良くありました。

それは、本当にひどい体験で、コンプレックスの塊のようになりました。

そんなときに、アメリカ人のスーパーバイザーの女性は
いつも丁寧にゆっくりと話してくれました。

彼女は、私が謝るといつもこんな風に言ってくれました。
『私は英語しか話せないのよ。あなたは素晴らしい!』って。

そのときに、ハッとしました。
言葉は、相手と分かり合うためのひとつの道具だということ。
その道具を使うのは【人/私】だということ。

もちろん、上手に使いこなすには練習が必要だけれど
どんな風に扱うかに、その人らしさが出てくるから、
今の自分が話す英語で良いんだなあ…と思いました。

ある日、瞑想の先生がカフェテリアにいらっしゃって、
私とフランス人の間を通られました。

そして、こんなことをおっしゃいました。

"Are you still in the battle field?"
【あなたたちは、まだ戦場にいるの?】

私と友人は、何だか嬉しくなって "No !" と答えました。

すると、瞑想の先生はニッコリして部屋を出ていかれました。

先生は、battle fieldが、私の心の中にあることをご存知だったのだなぁ~…

モンスーンの頃、ちょうど今日のような雨の日…
20年位前のインドでのお話です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情熱と努力!

今年のテーマは【情熱と感謝】でしたが、
来年は【情熱と努力】にしようか…と思っています。

友人に、そんな意味のメールを送ったら、
『PAVIさん、早いですねぇ~!』と言われてしまいました。(笑)

できないことに情熱をかけて努力するということではなくて、
できないことは、できないんだなぁ~…と、自分を許してしまおう…と。

そして、もう、自分のできることだけ、情熱的に努力しようか…と。

私の瞑想の先生がよくおっしゃるのは、
自己努力と恩恵は、鳥の翼のようなものだ…という話です。

鳥は二つの翼がなければ、飛ぶ事はできない。

恩恵に浴するだけでは、次へ進む道が開けないので、
自己努力も大切だという話です。

ただ、努力ばかりして一人でけんかゴマになっても、
恩恵は、ふっとした隙間に偶然な形でやってくるので
それもいけないか…と。

周りにいる人たちと、共にいながら、
自分のテーマに向かって努力していく…そんな感じでしょうか。

今日は、元気な人に出会ってパワーをもらってきました。

さてさて、2009年には、まだ少し時間があるので
今年の【情熱と感謝】を意識して生きようか…と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハートが開く

最近、少々涙もろくなって、
ポロポロと良く涙がこぼれます。

もしかしたら、年をとって涙もろくなっただけなのか…とも思いますけれど。(笑)

今日も、夫が図書館に出かけた間に
洗濯と掃除をしていたのですが、掃除機をかけながら
突然ですが、【今、自分は生かされているなぁ~】なんて
思ったら、ポロポロと涙が流れました。

瞑想の先生は、
Keep your heart moist. あなたの心をカサカサにしないように!…と
繰り返しおっしゃっていますが、それは、ハートが開くことなのかな…と思います。

頭で計算して、思い通りのことが運んでいったときには
自分が頑張ったから…という思いが強いのですが
思いがけず、誰かの言葉や何かに出会って、助けられたときに
自分の力ではないものに感謝する謙虚さが生まれます。

そういうときには、
一気にハートが開いて、涙がこぼれます。

本当に謙虚な気持ちのときには、
人と自分を比べて自分を小さくするのではなくて
比べるもののない世界で、自分の身の丈のままで存在するのだ…と
思います。

ついこの間も、
久しぶりに囲碁のクラスに行って、友達と対局を始めたとたん
涙がこみあげてきました。

自分にとって、こんなに好きなものがあるなんて、
なんて幸せなんだろう…

学ぶことができる場所があるというのは、
なんて幸せなんだろう…

そんなことを思っていました。

電車に乗っていて、突然涙がでてしまって、困る事もありますが
涙が私の心を潤してくれているのだから、仕方ないか…と。

ザラザラした心にならないように、
色々な気持ちを感じられる自分でいたい…と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の好きなことで自立する。

友達から、メールをもらったら、
最後に【自分の好きなことで自立できるように頑張ろうね。】と
書いてありました。

いい言葉だなぁ~…と思いました。

好きな仕事をして、自立する…
本当に私はそうしたいんだなぁ~…と思いました。

インドに1年行って帰ってきたときに
新しく仕事を始めることが、大変に思えました。

1年もインドにいたので、
電車に乗ることも不自由だったし、
まだ両親が元気だったので、派遣の仕事をしながら、
しばらく自宅に住んでいました。

日本も裕福な時期で、時給1850円くらいを平気でもらっていました。

そんなときに、瞑想の先生に手紙を書きました。

もう一度、インドに行きたい。
今度は、インドで仕事をしながら滞在したい。

先生からは、こんな風に手紙がきました。

今の自分いる場所で、精神的、経済的に、自立すること。
インドで暮らす事は、そんなに楽なことではありません。

そうなんだ…と思いました。

今の自分の場所で、自立することが、私に対する先生の
言いつけなんだ…と。

それから、しばらくたって、正社員の仕事を失ったときに
(結婚した年ですが…)自分を取り戻すために、
10日間だけ、インドの瞑想の道場に行きました。

そこには、ヨガ哲学の学校があるのですが、
ちょうどインド人の大学の先生の秘書を探しているという話があって
1度帰国してから、インドに戻ってきたらどうですか…と言われました。

日本に帰ってみたら、今の夫との出会いがあって、
結局インドで仕事をすることはありませんでした。

今、振返ってみると、
瞑想の先生の言いつけは、一生のものなのだ…と思います。

独身でいても、結婚しても
今、この場所で、精神的、経済的に自立すること。

本当に自立できているかどうか、怪しいものですが(笑)
でも、そのことを忘れずに働こうと思います。

友達のメールの中に、先生の言葉が生きているのだ…
先生がメッセージを送ってくださっているのだ…と思って、
先生の言いつけを守る為に、頑張ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瞑想の会に参加する

今日は、1年に1度催される瞑想の会でした。

そこで、久しぶりに長い瞑想を体験しました。

普段、自宅で行う瞑想は、15分~20分くらいの短いものですが
今回は、1時間の長い瞑想を午前と午後に1回ずつしました。

考え事がグルグルめぐるのではなくて、半分寝ているような
温泉につかっているような気持ちでした。

瞑想を始めると、
最初の頃は考え事が沢山でてきて、考えているうちに
時間がたってしまうことが良くあります。

瞑想は、静かに座るもの…と思っている人にとって
とても辛いものだと感じられます。

それが、毎日15分間、3ヶ月くらい座り続けると
考えごとが全部出て行ってしまったようになって
静かに座っていられるようになります。

普段も、ちょっとした時間に色々と考えていたことが
自分の中でハートが中心になる時間が増えてきます。

『今は考え事はしないで、感じている時間にしよう!』…と
マインドに言い聞かせて、批判や判断から自由になることが
少しずつできるようになります。

初めて瞑想をしてから、今年で25年になります。
ハタヨーガのクラスの後で、生徒さんと一緒に瞑想をすると
生徒さんの瞑想が、どんどん深くなっていくのを感じます。

積み重ねだなぁ~…と思います。

一日の時間の中で、
少しでもハートが中心の時間が増えるように、
瞑想を続けていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うがいと手洗い

電車に乗ったり、街を歩いていると
マスク姿の人が増えてきたような気がします。

今年、旧暦の1月1日にインフルエンザにかかった私は、
もうあの苦しみは嫌なので、家に帰るとうがいと手洗いをします。

それは、本当に実感があるからなのです。

インフルエンザにならないように、
欠かさずにうがいと手洗いをしていたのに
そのとき、3日位の間、うがいと手洗いをしませんでした。

そして、胃が疲れていて、悩み事がありました。

そうしたら、てきめんにインフルエンザになりました。

風邪について、瞑想の先生がおっしゃたことを、
よく思い出すのですが、
アメリカのヨガ道場にいたときに、風邪が大流行しました。

そのときに、瞑想の先生がおっしゃったこと、
【考え過ぎと食べすぎで、風邪をひく】

…なるほど、と思います。

最近は、外国人もTVを見るとマスクをしているようですけど。
その時に、【日本人はマスクをして人に風邪をうつさない配慮をする】
…という話もされて、日本人のことを誉めてくださいました。

電車に乗って、隣でゴホンゴホンと咳をされると
ちょっと不安になりますね。

風邪なのか、インフルエンザなのか分かりませんから、
咳をしている人から、ソロソロと静かに、わざとらしくならないように(笑)
なるべく遠くに離れるようにしています。

でも、元気なときには、インフルエンザになりません。
人から逃げるよりも、まずは、自分の体調が良いことが大切ですね。

インフルエンザにかかると、辛いですよぉ~!

ですから、これからは考えすぎと食べすぎに注意です!

気をつけましょうね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分よりふさわしい人へ

アメリカの瞑想の道場に長い間滞在していて
日本に帰ることが決まったので、先生に伝えに行ったときのことです。

先生は、スタッフに何か指示されてから、
私に先生の近くに座って少し待つようにと言われました。

先生は、私に手を出すようにと言われたので手を差し出すと、
箱の中に手をいれて無造作に、沢山の宝石やアクセサリーを
3回私の手の上に置きました。

それは、両手で持ちきれないほどで、
周りにいた人たちも驚いて、私を見ていました。

私も何が起こったのか、良く分からないまま
先生の顔を見ていました。

先生は、ニッコリして
"For  Center people"と言われたので、私はお礼とご挨拶をして
自分の席に戻りました。

先生からのプレゼントは、特別なものです。

そのときに必要なもの、学ぶべき意味が全てプレゼントの中にあります。

たとえば、瞑想用のショールを頂いたら
先生は、私に深い瞑想を望んでいるのだろう…とか
その人にとって、何か熟考する意味が含まれます。

私は、スーパーバイザーとして、個人としてではなく
先生の意思を届ける立場になっていく時期に
先生から、色々なプレゼントを複数頂きました。

そして、それはいつも誰に向けて与えられたものかは
明記されていないので、私自身が判断しなければなりませんでした。

それから、部屋に帰って、荷造りを始めたのですが
一体このプレゼントの意味は、何だろう…と、マインドが考え始めました。

大切なのは、マインドで判断することではなくて、
ハートで感じることなのですが、自分の想定外の事が起こると
どうしても、マインドが働いてしまうようです(笑)

先生は『瞑想センターの人へ』…と言われたなぁ。
私は、センターの人かなぁ~? 私へのプレゼントはあるのかなぁ?

恥ずかしいのですが、最初に、そんなことを考えました。

そして、一つずつベッドの上に並べていくと
全部で40個位のアクセサリーがありました。

そのうち、頭が静かになって、ハートが動き始めました。

そして、あることに気づきました。

私が始めてアメリカの道場に行ったときに、
友人とお揃いで頂いたブレスレットと同じデザインの
ペンダントがありました。

私の色ではなくて、友人の色と同じもの…
そのペンダントは、間違いなく彼女のものでした。

そこから、私のもの…という考えは、すっかり消えていきました。

白いブレスレットがありました。
私に先生に頂いたブレスレットを失くしてしまったと言った
別の友人のことを思い出しました。

それから、琥珀の小さいネックレス。
琥珀が大好きな友人の顔が浮かびました。

そんな風に次々と、頂いたプレゼントにふさわしい人の顔が
浮かんできました。

もちろん、全てのものが、誰のものになるのかは
分かりませんでしたので、いくつか残ったものは
センタースタッフに頼んで、必要な人に分けてもらおうと
決めました。

その時の体験は、本当に大きいものでした。

私は、その時に、形のあるものを頂くことはありませんでしたが、
自分よりもふさわしい人に届けるということの大切さや
先生の視点で考えること、
先生の意思をクリスタルクリアのようにより輝きを増して
届けることを学んだような気がしました。

『自分のもの』というエゴがないときに、
どんなに清々しいか…という気持ちも、身体全体が感じていました。

そして、私を信頼してこの沢山のプレゼントを預けてくださったことや、
自分を成長させる機会を与えてくださったことに、深く感謝しました。

今のこの私の生活の中で、先生の教えを生かしていけるかどうか
それが、本当の修行だと思っています。

自分のもの…という気持ちが起こると、毎回思い出す大切な話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おじいちゃま先生の記念日

今日は、私の瞑想の先生の先生の先生が亡くなられた日です。

つまり、3代前ですね…ややこしいですか!(笑)

私は、もちろん一度もお会いしたことはありませんが、
勝手に自分の祖父のような気がしています。

私が滞在していたインドのヨガの道場の近くに、
この方が住んでいたお寺があり
沢山のインド人が色々な場所から巡礼にきていました。

先生は『瞑想をすると、幸せになる!』…と、弟子達に言われました。

私の内側で、もっともっと幸せになりなさい…というメッセージが
聞こえてきます。

自分で決めた幸せには限界があるし、
もしかしたら、ひとつのありようしかないかもしれませんが
本当の幸せというのは、型にはまったものではなくて
とても大きいものかもしれない…と思います。

そして、幸せになることはワガママでも身勝手でもなく
この世に生まれた私たちが達成するための
とても大切なゴールなのだと思います。

『もっともっと幸せになりなさい!』

少しの限界もなく、全ての人が幸せになりますように。

聖人からの願いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分をコアを強くすること。

『悪い癖をやめるにはどうすれば良いでしょう?』という質問で、
瞑想の先生が、答えた言葉は…『良い習慣をひとつ加えなさい!』でした。

私は、毎日コツコツと何かを長期に渡って行う…というのが、
本当に苦手です。

ですから、コツコツと続けられる人を、一番に尊敬します。

そのことについて、
瞑想の先生が、ヨーガの修行(例えば瞑想など)を
習慣にする方法として、何度もおっしゃる言葉があります。

『3つのS』というのですが、ここでは日本語で…

①具体的で、
②シンプルで、
③現実的なものを、
一定期間実行しなさいという、言葉です。

これは、修行についておっしゃっているのですが
何かの習慣を身につけたい…と思うときには、とても役にたちます。

①具体的→何をするか明確ではっきりしていて、
②シンプル→単純で難しくないこと
③現実的なもの→常識的に考えてできそうなこと

たとえば、ハタヨーガのストレッチの習慣だったら、
夜寝る前に、お布団に入ってから、
膝をたてて身体をねじることを、
左右に3回ずつ行う…みたいな感じでしょうか。

私は、クラスの生徒さんに寝る前のストレッチをすると
とてもいいですよ…と話しますが、
本当にそれを取り入れている人は、驚くほど身体が変わっていきます。

すぐには目に見えなくても、長い時間続けると言うことは
確実に大きな支えとなることが多いように思います。

それと、もうひとつ、習慣をつくるという事からは
少しずれることかもしれませんが、
毎日やっていくことで、何か形になるものを残す…というのも
自分のコアを強くする良い方法だと思います。

25年前に、3ヶ月間毎日15分だけ、刺繍をする…ということを
続けたことがあります。

ピーターラビットが人参をかじっているところを、沢山の色の糸で
刺繍したものです。

15分以上は絶対にしないで、きっちり15分だけ行うという
自分への約束でした。

そのできあがった刺繍は額にいれて、今も玄関に飾ってあります。

そして、それは目に見えない特別なメッセージを、私に対して
伝えてくれているような気がします。

毎日続けられた自分を思いだす気持ちかもしれません。
その自分を敬うような気持ちかもしれません。

さてさて…
実は、私は夫のセーターがあみかけです。

バレンタインデーが近くなると、セーターを編もうと思っていたのですが
今年はようやく、少し編んだところで、もう春になってしまいました。

そこで、こっそりと編みかけのセーターがあります。

来年こそは、このセーターをプレゼントしたい…と思っています。

このブログに書いてしまったので、
明日から、毎日必ず15分ずつ編んでいこうと思います。

やりかけの仕事を終わらせるのも、自分を強くしますからね…
頑張ります♪

今日は、夕方に夫と二人で出かけたら
大きい虹を見ました。

東京中で見ることができたのでしょうか…
あんなにくっきりと大きい虹は、生まれて初めてでした。

何か良いことが起こるのでしょうか。

楽しみにして、待つ事にしましょうね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)