勉強する!

7/14 今日のすっきり!(こころのこと-絵本セラピー)

以前から気になっていた「絵本セラピー」のベーシック講座に参加してきました。

大人が絵本を読むことで、自分の心の中を感じていきます。

同じ絵本でも、それぞれの人が感じるものは違っていて
誰一人として間違った人はいない…というところから始まります。

いますぐに絵本セラピストになることはないけれど
少し余裕ができたら、養成コースに参加するのも楽しいかなぁ~と思います。

主催者のたっちゃんと、絵本セラピストのみなさんが
とても優しい人たちだったので、またお会いしたいと思いました。

また絵本を集めようかしら…と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/26 今日のすっきり!(からだのこと-ヨガクラスに参加)

今日は、週に1度のヨガクラス(自分の勉強)の日でした。

アーサナの途中で、先生がおっしゃったことが心に残りました。

ヨガポーズをとるときは、最大限に大きく。
無理をしているかと思う位に、大きく構えること。

もしも腕を遠くに広げ過ぎたとしても、
静かに呼吸を続けることで、良い位置にまで落ち着く。

先生の言葉を聞きながら、ヨガのポーズをしながら、
こんなことを考えていました。

「構えを大きくすると、その大きい構えを継続することが
つらくなる」と考えるから、最初から小さく構えてしまう。
それは、最初から自分に制限を加えていること。

身の丈よりも大きく構えても、
呼吸(自分のペース/生きる力)が、身の丈に戻してくれる。

それなら、大きく力一杯に構えてみようか。
大きい構えのまま、そのポーズを少しホールドして
一番良い場所に落ち着くのを待とうか…。

先生の言葉が、私の生きる姿勢を変えていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/23 今日のすっきり!(こころのこと-囲碁)

久しぶりに、囲碁のクラスに行きました。

初心者クラスですが、夫も今月から戻ってきて
同じクラスで学んでいます。

…とは言え、夫は私よりもずいぶん強いので
対戦することはありません。(笑)

夫と同じ趣味を持つと良いのは、
夫が囲碁教室に行きたがる気持ちがわかることです。

あんなに好きなものがあることは、うらやましいと思います。

たぶん、いいえ、確実に、私には囲碁のセンスがありません。

ず~っと続けていても、そうそう上手になるとは思えません。

それでも、勝ち負けよりも、ずっと大切なものを学べるので、
囲碁を続けていくつもりです。

「趣味は?」…と聞かれたら、一番に「囲碁!」と答えると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/20 今日のすっきり!(こころのこと-台風の思い出)

台風が来ているのに、外出していました。

家に戻って、風や雨が強いことに恐れをなして、
結婚したばかりの頃の自分を思い出していました。

9月に入籍して、夫と一緒に住み始めたときに
台風が来ました。

夫がなかなか帰ってこなくて、とても心配しました。

一人でいたときには大丈夫だったのに
結婚したとたんに、こんなに心配性になるのか…と
不思議な気持ちになりました。

だれか、そばにいると、
気持ちは強くなるばかりではなくて、
弱くなることがあるんだなぁ~と…その時思いました。

結婚して、心が弱くなったような気がしますが
それだけ、人と一緒にいることの喜びを感じます。

いろいろありますが、結婚してよかったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/4 今日のすっきり!(こころのこと-英語クラスに参加)

今日から、成城大学のコミュニティカレッジで
英語の勉強(全6回)を始めました。

内容は、イギリスと日本の比較ということで、
今日は階級制度とイエ事情。

来週は移民について。

先生はイギリス人で、クラス内の発言は英語のみ。

日本語でも、その問題について語れないのに、
英語でどうしたら意見を言えると言うのでしょうか? ^^;

何が面白かったか…と言うと、
25人のクラスメートのうち、実際に授業中に発表した人が
本当に少なかったということ。

間違えてはいけない…という気持ちが大きく左右しています。

昔、ヨガの道場で幼稚園の先生をしたときに、
学校部門の先生が一同に集まって、MTGをしました。

私は、あまり意見もなく黙ってきいていたところ、
最後は無視されていたような気がします。

アメリカ人の友達に、内容がなくても
ところどころ「賛成します」とか「もう少し説明してください」とか
言わないと、参加しているとは思えないから、頑張れ!と
言われたのを思い出します。

そういうところ、日本人は不得意ですね。

子どもの世界もそうですけれど、
発言内容に関わらず、大きい声で発言する人が
存在感を発揮してボスになる…みたいなことかな?

80分のクラスでしたけれど、もうお友達ができました。

来週、クラスに行くのが楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/29 今日のすっきり!(こころのこと-グリーフケア)

今日は、立教カウンセリング研究会の日でしたが、
グリーフケアについて学んできました。

講師は、鈴木剛子先生。
グリーフ・カウンセリング・センターを主催されています。

自分にとって大切な人が亡くなったときに、
残された人は痛みに直面します。

心とからだの痛みになかにあっても、
その痛みや苦しみを誰かに話すことができれば、
そこから立ち直るという話を伺って、人の死だけでなく、
会社をリストラされたときに感じた喪失感についても、
考えてしまいました。

私は父が亡くなったときに、
自分の身体の一部分が無くなってしまったような気持ちになりました。

深い悲しみの中にいたとき、
夫の配慮の中に、父と同じような優しさを感じて
父が夫の中に生きているような気持ちがしました。

そこから、痛みや悲しみが少しずつ薄くなってきたような気がします。

亡くなった人の本質(特に、美徳のようなもの)は
亡くなった人個人のものではなくて、
誰かの中に生きているということが
自分にとって、とても大きな慰めになりました。

あと2回、グリーフカウンセリングの講座があります。

どれだけグリーフケアの体験を深めることができるか…
頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/21 今日もすっきり!(からだのこと-タッピングタッチの会)

先週の土曜日、19日に、
明日館で開催された「タッピングタッチの会」講習会に
参加してきました。

指の腹で、時計のふりこ位の間をあけながら、
ポンポンと背骨をはさんで左右対称にタッチすることで
身体がホカホカと温まり、心が落ちつくというものです。

特別のものを使わず、どこでも誰でもできるという
面白いケアでした。

その方法ですが、
肩甲骨から始めて、肩甲骨に戻ります。

私も、初めて私のクラスに来る方の肩甲骨の間に注目します。
たいていの場合、とても緊張して固くなっているのですが
呼吸とともに動かしていくうちに、柔らかくなって
私の手が中に入るようになります。

肩甲骨の間は、ハートの真裏にあるので、
こころとつながる大事な場所だと思っています。

アドバンスクラスもあるそうなので、
チャンスがあったらまた参加してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/18 今日のすっきり!(こころのこと-完璧主義)

新しいことを始めるときに、間違えたり失敗することは
さほど怖くないと思っていました。

結婚するまで、目の前には選択肢が1つか2つしかないような
単純な人生だったし、一人で責任をとらなければ進まないので
今よりも、まずやってみる…ということが多かったのです。

最近、動きが鈍い自分のことを情けなく思っていたのですが、
失敗することをとても怖がっているからだなぁ~、
だから前に進まないんだなぁ~と思うようになりました。

自分の弱点に意識が行き過ぎて、
「守ってから、攻めよう」という感じかもしれません。

それが良いのか、悪いのか、自分でもよくわかりませんが
あんまり人生がワクワクしないので、つまらない。

間違えると、そこに学びが待っていて、成長するかも…

ちょっと怖い気持ちがするのですが、とにかくやってみて
ガツンと間違えてみようか…と、今、思っています。

昔の無鉄砲で傍若無人な自分を、もう一度だけ
やってみようか…。

そう思いながら、心の中が揺れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立教大学で、また勉強する!

遠い昔、4年間通った大学で開かれている
「カウンセリング研究会」に参加しています。

立教の卒業生で運営している勉強会です。

大学時代の仲間や親しかった先輩にお会いすることも
嬉しいのですが、それにも増して、キャンパスに行くことが
とても幸せに感じます。

ホッとする場所がここにある…という気持ちです。

クリスマスの前だったので、電飾のついたモミの木。

111226

本館を通って正面にある学食。

111226_2


10代から20代の初めに
色々な気持ちで過ごした場所は、特別です。

不思議な懐かしさと暖かさに満ちています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖路加で、情報について勉強してきたこと。

聖路加看護大学が中央区との連携事業で行っている
【まなびの講座】の5回のうち、ヨガストレッチのクラスを
2回受けもっています。

昨日は、他のクラスに参加してきました。

テーマは情報について…
詳しく言えば、患者が自分の病気について、
どうやって情報をとっていくのか…という
石川道子さんの講義がありました。

情報はたくさんあるので、まずは疑ってかかること。

そして根拠があるかどうか吟味すること。

その情報を扱うのは自分の責任だということ。

とても面白いと思いました。

目の前に何があっても、自分の軸で取捨選択すること。

何を選び取るかという前に、
自分を信頼できるかということになりそうです。

次回、12月7日は私のヨガストレッチクラスです。
健康になるための情報はたくさんあるけれど、
自分の身体を知らないと、自分に合った方法を選べないので
自分の身体について知っていく…というWS形式の
講座を持つ予定です。

ちょっと、情報の選び方と似ているような気がしています。

聖路加の講座にいらっしゃる方は
みなさんとても学びの力が深いので、本当に教師冥利につきます。

身体に対するひとつの気づきが、
10年後の自分の身体を変えるかもしれないので
教える私はワクワクしています。

楽しいなぁ~…と心から思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)